ブログを300記事書いて分かったこと【アクセス数や収益は意外と伸びません】

ついに我が【うおとぶろぐ】が300記事を突破しました!!

300記事と言えば、ブロガーにとって大きな区切りの一つ。

300記事書くと、

・アクセスが大幅に増える
・収益は月に数万円以上

なんて言われています。

Right Caption

一般の声

じゃあUOTOさんは、一人前のブロガーなんだね?
Left Caption

UOTO

そうです!もう人気すぎて大変です!

 

・・・と言いたいところなのですが、実際はそんなにアクセスも収益もありません。

なんかのブログで『最低でも100記事、できれば300記事書けば成果が出る』みたいなことが書いてあったので、一応300記事を目標に書いてきましたが、思ってたほどメリットはなさそう。

色々期待して300記事を目標に書いてるブロガーさんがいたら参考にしてみてください。


ブログを300記事書いて分かったこと

みなさんのおかげでここまでこれました。

Left Caption

UOTO

ありがとうございます!!
うおとぶろぐ
・地域系ブログ(最近は釣り系も)
・公開記事数 301記事(2021年9月26日まで)
・ブログ期間 約3年

300記事書くまでにかかった日数は、約3年。

だいたい3~4日に1記事ペースで書いてきた計算になります。

Left Caption

UOTO

途中で消した記事もあるとはいえ、ブロガーとしては遅いペースです。

 

思い返せば、ここまで来るのには色んな壁がありました・・・。

・ワードプレスに入れなくなった
・コロナの影響でアクセスが急落
・書く気力がなくなり自暴自棄
・ブログを止めようと思った

当ブログは【青森県を多くの人に知ってもらいたい】という目的でスタートしました。

しかしパソコンスキルもなければ、ブログスキルもない状態で始めたのでトラブル続き・・・。

さらにはコロナの影響で、2020年の春くらいからアクセス数が急減。

某有名なブロガーさんが『誰にも見られていない記事は書いてないのと一緒』なんて言ってて、それが心にグサッと刺さり、書く気力がゼロになってしまったり・・・。

Left Caption

UOTO

それでもここまで書き続けた自分を誉めてあげたい・・・(笑)

 

それはさておき、冒頭でも言いましたが300記事と言うのはブロガーにとって一つの区切り

300記事を書くと以下のような変化があるそうです。

・アクセスが大幅に増えていく
・月の収益は数万円以上
・ブログ執筆スピードが上がる

なんて言われています。

「ほんとかよ~」って感じだと思うので、300記事を書いた私の現状をお話ししていこうと思います。

 

アクセス数はそんなに伸びない

300記事書く頃には、『1か月のアクセス数が数万単位は当たり前』って言われています。

当ブログのPV数は8月に4万PVを突破していますので、アクセス数自体は万単位は達成していると思います。

しかし一時期的なものだったせいか、今は2万後半くらいです。

Left Caption

UOTO

地域系のブログは難しいです・・・

 

300記事を超えると、アクセスが大幅に増えていく

なんて言われていますが、現状、上がるどころか下がっている状況。

人によっては300記事で10万PVとかいくみたいですが、私のスキルでは難しそう。

Left Caption

UOTO

SEOとか気にしてるつもりでも、書いてるうちに忘れちゃうんだよね(笑)

記事の内容にもよると思いますが、300記事書いたからといってアクセスが安定して伸びるなんてことはなさそうです。

 

収益もそんなにない

結構みなさん気になっているのが、ブログ300記事時点の収益

某ブログでは、

300記事書いた頃には、月の収益は数万円以上

なんて書かれており、実際に多くのブログが300記事時点で数万円以上の収益を得ているようです。

では300記事を書いた私の場合はどうか。

詳しい金額は規定上言えませんので少しボカシますが、1か月で青森リンゴ10個分くらいです。

Left Caption

UOTO

少ない!と思われた方も多いでしょうが、これが現実です・・。

 

確かにネットではいい事ばっかり書いていますが、その通り稼げる人はほんの一握り。

9割以上は私のような少ない収益で終了しているはず。

そしてブログってネット代とかサーバー代、ドメイン代とか意外と維持費がかかります。

それを青森りんご10個分の収益で補っていますが、それでも毎月赤字。

300記事書いても状況は変わりません。

やり方次第なんでしょうが、そのやり方が分からなければ300記事書こうが1000記事書こうが収益は変わらないと思います。

 

ネタ不足が深刻

アクセス数と収益は正直あまり気にしていません。

Left Caption

UOTO

ブログスキルもないし、そもそも好き勝手書いているブログなので、その辺は仕方ないと思っています。

しかし300記事書いて思ったことは『ブログのネタ不足』が深刻な事。

当ブログのメインカテゴリは【青森】に関することですが、他のブロガーさんみたいに頻繁に取材できるわけではないので、そこまでネタを用意できていません。

途中から【釣り】に関する記事も書き始めましたが、そこまで専門的な知識も技術もないので、最初からネタ不足。

250記事くらいまではネタがポンポン浮かんできましたが、それ以降はネタを考えるだけで1日が終わってしまうことも。

300記事書けば、ブログの執筆スピードが早くなっている

なんて言われてますが、確かに打つスピードは早くなっているものの、ネタを考えるのに時間が取られているので、結果的に最初と変わらない気がしています。


まとめ

私がブログを300記事書いて分かったことは、

・アクセス数はそんなに伸びない
・収益もそんなにない
・ネタ不足が深刻

ってことです。

Left Caption

UOTO

皆さんが思ってるほど、300記事って大したことないんです・・・

ただこれは人によると思うし、書いているブログのジャンルにもよると思います。

300記事書いてアクセスがドーンと伸びたり、収益がバーンと増えたりするブログもあるかもしれません。

しかし全てがそうとは限らず、私のように300記事を書くことだけを目標にしてしまうと、その先で行き詰まります。

なので300記事書いた私が言えることは、

300記事を書くことよりも、価値のある100記事を書くこと

だと思います。

 

好きな事を書くことも大事だと思いますが、それならブログじゃなくてもいいわけで。

誰かに見てもらいたいからブログを書くのであって、そのためには、

・内容を充実させる
・分かりやすく説明する
・面白い、楽しい記事作り

こういったことが大切。

それが結果として、アクセス数や収益に反映されていくのではないでしょうか?

Left Caption

UOTO

それを自分に言いたい(泣)

300記事を目標に書いている人も多いと思いますが、私のようにただ300記事を書いてもあまり成果を感じられない例もあるので、みなさんは記事数よりも内容の濃いブログ記事を書くことに一生懸命になってみてください。




UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の32歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
趣味で釣りしますが、かなり下手(笑)
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO