青い森鉄道沿線の観光スポットを紹介【有人駅のみ記載】

2020年7月17日

青森を観光する方法といえば車が一番便利ですが、公共交通機関の青い森鉄道を利用してみるのはいかがでしょうか?

青い森鉄道は青森駅から目時駅を結ぶ第三セクター鉄道で、沿線には県庁所在地の青森市下北半島の玄関口の野辺地町国際色豊かな基地の街の三沢市朝一や横丁巡りで有名な八戸市など魅力ある町がたくさんあります。

そんな青い森鉄道沿線の観光スポットについて簡単にご紹介したいと思います。

Left Caption

UOTO

この記事では青い森鉄道の有人駅のみ記載しています。




 

青森駅

窓口営業時間
5:20~22:30

周辺観光施設へのアクセス
アスパム     徒歩5分
ワ・ラッセ    徒歩1分
Aファクトリー   徒歩1分
青森ベイブリッジ 徒歩1分
その他
レンタカー有り

青森駅周辺はその名の通り青森市の中心部にあり、駅周辺には商業施設や観光施設が充実しています。

青い森鉄道線は町外れの駅も多くそこまで賑わっているイメージがないですが、ここ青森駅は特別賑わっています。

駅から徒歩圏内には、お土産がたくさん売っているアスパムAファクトリー、ねぶた祭りを年中体験できるワ・ラッセ、青函連絡船の歴史を学べる八甲田丸などの観光施設があります。

詳しくはこちら→青森ベイエリアについて

郊外にある観光スポット三内丸山遺跡県立美術館へはバスを利用する必要があり、駅前バスターミナルから利用します。

 

浅虫温泉駅

窓口営業時間
6:30~17:00

周辺観光施設へのアクセス
道の駅ゆ~さ浅虫 徒歩1分
浅虫水族館    徒歩5分
サンセットビーチ 徒歩5分

浅虫温泉駅周辺は、駅名の通りで浅虫温泉街が形成されています。

浅虫温泉は『東北の熱海』と評されていたほどの美しい景観が魅力的で、県内外から多くの観光客が訪れます。

浅虫水族館道の駅ゆーさ浅虫などの観光スポットが駅から徒歩圏内とかなりアクセスが良いです。

浅虫温泉は個人的にオススメの観光スポットです。

詳しくはこちら→浅虫温泉について

もっとディープな浅虫観光なら→浅虫温泉の穴場スポット

 

小湊駅

窓口営業時間
6:30~15:10
周辺観光施設へのアクセス
浅所海岸  車で5分
夏泊半島  車で20分
夜越山   車で5分

小湊駅は、青森県平内町にある駅で観光地の夏泊半島への最寄り駅となっています。

最寄り駅とは言うものの徒歩では行けませんので、観光する際はタクシーの利用をオススメします。

夏泊半島についてはこちら→夏泊半島について

 

野辺地駅

窓口営業時間
6:00~22:30
周辺観光施設へのアクセス
常夜燈公園      車で5分
観光物産PRセンター 徒歩1分
まかど温泉      車で15分
その他
レンタカー有り

野辺地駅からは下北半島に向かうJR大湊線が乗り入れているので、下北観光の玄関口にもなっています。

野辺地駅周辺には観光物産PRセンターがあるくらいでこれといった観光施設はありませんが、バスやタクシーを使い5分ほど海側に行くと、北前船が展示されている常夜燈公園があります。

詳しくはこちら→北前船の故郷:野辺地町

 

乙供駅

窓口営業時間
6:20~14:10
周辺観光施設へのアクセス
東北温泉  徒歩10分

乙供駅は東北町にある駅で、駅前は少し寂れており昔ながらの雰囲気が感じられます。

歩いて10分ほどの所に東北温泉という日本一黒いモール温泉があり、多くの観光客がその温泉を目指して降りています。

詳しくはこちら→東北町の温泉

 

上北町駅

窓口営業時間
6:20~14:10
周辺観光施設へのアクセス
小川原湖     徒歩20分
道の駅おがわら湖 徒歩20分

上北町駅は、東北町にある駅で合併前の旧町名が「上北町」だったことに由来します。

駅周辺には上北温泉郷とも呼ばれ多くの温泉が点在しているほか、駅から北に歩いていくと小川原湖と呼ばれる大きな湖があり、夏は湖水浴やキャンプを楽しむ多くの観光客で賑わいます。

小川原湖についてはこちら→小川原湖について

上北町駅周辺の温泉についてはこちら→東北町の温泉

 

三沢駅

窓口営業時間
5:50~21:50
周辺観光施設へのアクセス
星野リゾート青森屋 徒歩5分
アメリカ村     車で10分
航空科学館     車で20分
その他
レンタカー有り

三沢市中心部から少し離れた所に三沢駅があります。

2020年に複合施設「三沢駅前交流プラザみーくる」が完成し、三沢駅食堂(駅そば)や地場物産紹介スペースが設けられたようです。

駅周辺に目立った観光施設はありませんが、徒歩圏内には星野リゾートが運営する人気ホテル「青森屋」があり、日帰り入浴も楽しめます。

中心街の三沢基地エリアアメリカ村航空科学館などにはバスやタクシーを利用して向かう必要があります。

 

下田駅

窓口営業時間
6:40~14:30
周辺観光施設へのアクセス
イオンモール下田 車で5分
下田公園     車で5分
根岸の大いちょう 車で5分

下田駅はおいらせ町にある駅で、旧町名「下田」に由来します。

駅から車で5分ほどの距離に青森県有数の大型SCイオンモール下田があるため、休日は多くの若い人が鉄道を利用しているようです。

 

八戸駅

窓口営業時間
5:30~22:20
周辺観光施設へのアクセス
八戸中心街  電車で10分

八食センター 車で10分
フラット八戸 徒歩5分
櫛引八幡宮  車で10分
その他
レンタカー有り

八戸駅は八戸市中心部よりかなり離れた新幹線停車駅で、駅前には数軒の飲食店とホテルがある程度です。

周辺にはこれといった観光スポットがないため、ここでというよりはバスやJR八戸線に乗り換え中心街方面へ向かう形になります。

詳しくはこちら→八戸中心街の横丁文化について

お土産が揃う大型市場八食センターへはシャトルバスが走っています。

 

剣吉駅

窓口営業時間
6:40~14:30
周辺観光施設へのアクセス
名川チェリーセンター 車で10分

剣吉駅は南部町にある駅で、駅前には昔ながらの商店街が広がっています。

駅周辺にはこれといった観光スポットは無いですが、車で10分ほどの距離に地元の特産物が揃う名川チェリーセンターがあります。

 

三戸駅

窓口営業時間
6:20~14:10
周辺観光施設へのアクセス
城山公園(三戸城) 車で15分
聖寿寺館跡     車で10分

駅名は三戸駅となっていますが、駅所在地は南部町になります。

三戸町中心部から比較的近いですが、観光スポットである城山公園は少し距離がありますのでバスやタクシーがオススメです。

しかし城下町であった三戸の町には昔ながらの古い建物が点在していますので、駅から城山公園まで歩いてみるのもいいかもしれません。

 

青い森鉄道で青森観光してみませんか?

青い森鉄道で観光できる範囲は青森県南エリアの一部に限られます。

青い森鉄道線は観光向けというよりは生活のための鉄道というイメージで、駅自体も町外れが多いです。

鉄道利用だけの観光には限界があり、広く観光するのであればレンタカーなどが必要になりますが、昔ながらの風景を眺めながら青い森鉄道でのんびり旅をするのもいいかもしれません。

青い森鉄道には土日祝日に使える乗り放題のフリーきっぷもありますので、駅巡りをしながら周辺を歩くことで観光ガイドブックにも載っていない新たな発見があるかもしれませんよ。

各有人駅には駅スタンプ】【硬券入場券というのもありますので、ぜひコンプリートしてみてください。

有人駅に近隣の無人駅のスタンプもあります。

 

おまけ:青い森鉄道沿線の秘境駅!?

青い森鉄道沿線には多くの無人駅がありますが、その中には秘境駅と呼ばれる駅が存在します。

それが千曳駅です。

野辺地駅と乙供駅の間に存在する無人駅で、周りには森しかありません。

唯一の見どころ?鉄道防雪林の標識
千曳駅全景

一番近くの集落まで歩道もなく数キロ歩かないといけないので、利用者はほとんどいないと思われます。※冬だから?

大雪後に行ったのですが、駅ホームへの道は一人が歩けるほどに除雪されてはいますが、もう獣道状態(笑)

こういう道好き

駅の待合室はありますので、休むことは可能です。※駅ノートもあります

昔はもっと利用者がいたのでしょうがその面影はなく、秘境駅と化しています。

秘境駅が好きな人はぜひ一度訪れて見てください。

千曳駅の周辺観光スポット【日本中央の碑】




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO

青森観光

Posted by uoto