青森県の新型コロナウイルス発生状況【県民ができる対策】

こんにちは、UOTOです。

さて世界的に流行している新型コロナウイルスですが、日本でもじわじわと感染者が広がっている状況です。

近くの北海道などでは急激に患者数が増えており、ここ青森県も安心してはいけない状況になっています。

そこでこの記事では青森県の新型コロナウイルス発生状況と、県民ができる新型コロナウイルス対策について書いていこうと思います。

青森大好きブロガーとして、微力ながら青森県を守っていこうと思います。


こういった重々しい時期だからこそできるだけ堅苦しくならないようにイラストを取り入れて書いていきますが、不謹慎に思われる方はここで退出願います。

当記事は青森県庁ホームページなどを参考とした内容となっています。

更新の遅れなどで最新の情報じゃない場合もありますので、ご了承ください。

公的に発表されている新型コロナウイルス感染者などの情報は、厚生労働省のホームページもしくは青森県庁ホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ

青森県庁ホームページ

 

青森県の新型コロナウイルス発生状況は?

2020年3月23日、青森県内でも新型コロナウイルス感染者が初確認されています。

Right Caption

りんご女

ついに青森にも来たかって感じだね・・・
Left Caption

UOTO

他にも感染疑いなどでの検査は行われており、県のホームページでも公表されています。

2020年7月10日までに新型コロナウイルスの疑いなどで800件以上の検査が行われ、そのほとんどが陰性(現時点では大丈夫)となっていますが、28感染が確認されています。

近くの函館市では高齢者が新型コロナウイルスで亡くなるなど、他人ごとではないような状況が続いています。

新幹線やフェリーなどで全国各地と関わりがある以上、新型コロナ感染者がどこにいてもおかしくありません。

新型コロナウイルスは身近にいるというつもりで行動する必要があるのかもしれません。

高齢者などは病院に行きたがらないという県民性なので、実は新型コロナにかかっていたということも無きにしも非ず。

もし身近に新型コロナウイルスとよく似た症状の方がいたら、本人を説得し保健所へ電話連絡してください。※後述

PCR検査の実施状況
(3月5日まで)

検査実施:45件(うち陽性0件、陰性45件)
(3月8日まで)
検査実施:53件(うち陽性0件、陰性53件)
(3月11日まで)
検査実施:63件(うち陽性0件、陰性63件)
(3月17日まで)
検査実施:79件(うち陽性0件、陰性79件)
(3月22日まで)
検査実施:94件(うち陽性0件、陰性94件)
(3月23日まで)
検査実施:97件(うち陽性2件、陰性95件)
(3月25日まで)
検査実施:117件(うち陽性6件、陰性111件)
(3月30日まで)
検査実施:151件(うち陽性8件、陰性143件)
(4月3日まで)
検査実施:181件(うち陽性9件、陰性172件)
(4月4日まで)
検査実施:225件(うち陽性11件、陰性214件)
(4月7日まで)
検査実施:273件(うち陽性12件、陰性261件)
(4月9日まで)
検査実施:339件(うち陽性17件、陰性322件)
(4月13日まで)
検査実施:418件(うち陽性22件、陰性396件)
(4月16日まで)
検査実施:481件(うち陽性22件、陰性459件)
(4月18日まで)
検査実施:514件(うち陽性22件、陰性492件)
(4月24日まで)
検索実施:568件(うち陽性22件、陰性546件)
(4月28日まで)
検査実施:644件(うち陽性26件、陰性618件)
(5月1日まで)
検査実施:700件(うち陽性26件、陰性674件)
(5月7日まで)
検査実施:728件(うち陽性27件、陰性701件)
(5月14日まで)
検査実施:797件(うち陽性27件、陰性770件)
(5月25日まで)
検査実施:824件(うち陽性27件、陰性797件)
(6月5日まで)
検査実施:878件(うち陽性27件、陰性851件)
(7月9日まで)
検査実施:1038件(うち陽性28件)
青森県庁ホームページより

海外旅行での感染は置いておいて、東京などを行き来して感染した例もあるので、人ごみが発生しやすい東京などの大都市圏にはできるだけ近づかない方がいいのかもしれません。

また20代や30代の感染も明らかになったということで、若いから大丈夫という考えも改めないといけません。

 

青森県内の新型コロナウイルス相談場所

Right Caption

アス・パム男

新型コロナみたいな症状があったらどこに相談すればいいのかな?

厚労省が発表している新型コロナウイルスの症状

・風邪の症状が4日以上続いている。
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)

などが続いていたら、すぐにでも近隣の保健所(帰国者・接触者相談センター)に電話連絡してください。

保健所の連絡先をまとめますので、自分の市町村はどこに相談すればいいかの参考にしてください。

東地方保健所
017-739-5421
平内町、今別町、蓬田村、外ヶ浜町
弘前保健所
0172-33-8521
弘前市、黒石市、平川市、西目屋村、藤崎町、大鰐町、田舎館村、板柳町
三戸地方保健所
0178-27-5111
三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村、おいらせ町
五所川原保健所
0173-34-2108
五所川原市、つがる市、鰺ヶ沢町、深浦町、鶴田町、中泊町
上十三保健所
0176-23-4261
十和田市、三沢市、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村
むつ保健所
0175-31-1388
むつ市、大間町、東通村、風間浦村、佐井村
青森市保健所
017-765-5280
青森市 青森市ホームページ
八戸市保健所
0178-43-2276
八戸市 八戸市ホームページ

感染予防のためにも直接医療機関や保健所に行くのではなく、最初に電話確認したほうがいいかもしれません。

Left Caption

UOTO

まずは保健所に電話連絡!!

高齢者・基礎疾患がある人・妊婦など

高齢者・基礎疾患がある人・妊婦などは重症化しやすいと言われているので、上記のような状態が2日程度続く場合は保健所にすぐ連絡してください。

子供に関しては重症化しやすいという報告がないとのことなので、通常の相談目安を参考にしてください。

コロナウイルスに関して電話相談

症状がなくてもコロナウイルスに関して不安がある・・・って人は、厚生労働省が設置している相談窓口を利用すればいいと思います。

厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)
電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
※聴覚に障害のある方や、電話でのご相談が難しい方
FAX 03-3595-2756

 

保健所に連絡する際のお願い

新型コロナの感染拡大を受けて、保健所には多くの相談が寄せられているそうです。

しかし中には感染者の特定を求める電話など、受診とは関係のない電話も多くきているそうです。

保健所の方も少ない人数で対応しています。

なので不安なのは分かりますが、受診とは関係のない電話は控えるようお願いします。

 

青森県内でのPCR検査までの流れ

・風邪の症状が4日以上続く。※高齢者や妊婦などは2日
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)

上記のような相談目安の症状が出たら、まず保健所(帰国者・接触者相談センター)への電話連絡します。

そのあとに帰国者・接触者相談センターが状況を判断し「帰国者・接触者外来」のある県内病院への受診を調整してくれます。

その後受診日・時間などの案内に従い、「帰国者・接触者外来」のある医療機関にて受診します。

PCR検査のできる帰国者・接触者外来のある医療機関については、県内6地域ごとに一か所以上設置しているとのことですが、混乱などを避けるために一般に公表されていないようです。

Left Caption

UOTO

混乱を避けるために非公表なだけで、隠ぺいと勘違いしないように!

PCR検査で新型コロナの感染が確認されたら、下記の感染症指定医療機関に入院になります。

県内の感染症指定医療機関
県立中央、弘前大学医学部付属、八戸市民、つがる総合、十和田中央、むつ総合

症状があると思ったらまずは保健所に連絡し、その後「帰国者・接触者外来」のある病院で受診。

感染確認されてから、指定医療機関に入院という流れです。

 

青森県における新型コロナによる影響

全国的に新型コロナウイルスの影響が出ていますが、青森県内でも色んな場所に影響が出ています。

青森県内ショッピングモールの営業時間短縮

たとえばショッピングモール。※詳しくはリンク先の公式ページで

イオンモール下田
2020年4月18日~当面の間まで、専門店街の臨時休館
※5月13日より再開、短縮営業

ELM
3月6日(金)~当面の間、専門店街の営業時間が午後8時までに短縮
イオンモールつがる柏
2020年4月18日~当面の間まで、専門店街の臨時休館
※5月13日より再開、短縮営業

多くの人が集まる大型ショッピングモールなどでは営業時間の短縮を行っているようです。※一部解除

他にも多くの店などで営業時間の変更があるようなので、行く際は事前にチェックしたほうがいいかもしれません。

青森県内イベントの中止・延期情報

青森県内のイベントにもじわじわと影響が出ています。

ここでは現時点で決まった中止・延期情報だけを一部ご紹介します。

中止
八甲田ウォーク(青森市)

スターズ・オン・アイス(八戸市)
菜の花フェスティバル(横浜町)
イベント中止が決定。菜の花大迷路は無料開放。
金木桜まつり(五所川原市)
イベント中止が決定。ぼんぼり点灯もなし。
青森春祭り(青森市)
野木和公園・合浦公園共に中止。
十和田市春祭り(十和田市)
イベントの中止。夜間ライトアップは行う。
弘前さくらまつり(弘前市)
イベントの中止。弘前公園は全面封鎖。
はちのへ公園春まつり(八戸市)
イベントの中止。
津軽三味線世界大会(弘前市)
津軽三味線日本一決定戦(青森市)
津軽三味線全日本金木大会(五所川原市)
田んぼアート(田舎館村)
青森ねぶた祭(青森市)

八戸三社大祭(八戸市)
弘前ねぷたまつり(弘前市)

 

延期
館鼻岸壁朝市(八戸市)

この他にも色々なイベントの中止・延期などが起きています。

今後の感染状況によっては、さらに影響が出る恐れがあります。

 

県民ができる新型コロナウイルス対策

正直言うと、新型コロナウイルスが感染拡大していくのも時間の問題だと思います。

なので県民一人一人が新型コロナウイルスに対してしっかり対策していく事が大事です。

新型コロナウイルスについて知る

まずは新型コロナウイルスについてしっかり知るということが大切

コロナウイルス自体は今までも普通にあって、感染しても風邪症状で済んでいました。

Left Caption

UOTO

過去にあったSARS・MERSもコロナウイルスの一種になります。

今回のコロナウイルスは新種であり、ワクチンや前例がないことから多くの人が不安になっているわけです。

私自身からはこのくらいしか言えませんが、新型コロナウイルスってどんなウイルスなのかをしっかり理解しましょう。

詳しくは厚生労働省のQ&Aで。

 

手洗いうがいをしっかりする

Right Caption

アス・パム男

単純過ぎない?
Left Caption

UOTO

小さいころからの基本的な事が感染を防ぐ手段なのです。

現時点ですぐできる直接的な対策が手洗い・うがいになります。

感染者と同じ手すりやドアノブなどに触れ、その手で口や鼻を触ると感染するといわれています。

なので外出先から帰宅した時、不特定多数の人が集まる空間に行った後などは手洗いうがいを忘れずに。

正しい手洗い・うがいについては、ライオンのホームページに分かりやすく載っています。

 

マスクで咳エチケット

外出した時に感染を広げないため大切なのは、マスクを付けて咳エチケットすることです。

コロナウイルスの感染要因として多い、飛沫感染と接触感染を防げる可能性があります。

Right Caption

アス・パム男

マスクも100%防げるわけではないそうですね・・
Left Caption

UOTO

それでも付けないよりは100倍マシです!

マスク不足は解消されていますが、もしマスクを入手することは困難になってきたのなら、最近話題の手作りマスクなどでも多少の効果があるそうなので、何も付けないよりは感染予防になるはずです。

 

食で免疫を付ける

インフルエンザでも風邪でも免疫を付けることが大事

免疫力を高くすることで各種ウイルスにかかりにくく、仮に感染したとしても重症化しにくいみたいです。

新型コロナウイルスに関しても免疫力アップで対抗できる可能性があります。

免疫力の約6~7割を支えているのがらしいので、食で腸を強くしましょう。

腸にはヨーグルトや納豆、ニンニクなどが効果的らしいので、こういった時期だからこそ食材からを免疫を付けてみませんか?

 

デマには左右されない

今回の新型コロナウイルスや過去の震災でも必ずデマが広がります。

特に今はSNSを使えば誰でも簡単にデマを広げることができてしまいます。

「○○病院でコロナで出たって」「○○町からコロナが出た」というツイートも見られますが、そういったデマが多くの人に迷惑をかけてしまいます。

八戸市では一時流れたデマに対し、ホームページ上で注意を促していました。

トイレットペーパーなどの紙製品不足も一部のデマから広がりました。

いくらデマであってもそれ信じた人が買い漁り、本当に品不足になってしまうことも。

こういった非常時だからこそ、冷静に正しい情報だけを入手する必要があります。

Left Caption

UOTO

トイレットペーパーなどに余裕がある人は無駄に買わないように!
Right Caption

りんご女

本当に必要な人へ行き渡るよう協力お願いします。

SNSで間違った情報や不安を煽るような事を共有するのではなく、非常時に役立つような情報や明るい話題だけを共有していきましょう。

 

不要不急の外出は控える

どこから感染するか分からない状況で外出すれば、感染するリスクが高まりますので、できるだけ外出を控えることも大切かもしれません。

といっても仕事や買い物などで外出しないといけない場面もあると思います。

その時は上記で説明したマスクや手洗い・うがいを徹底するようにしていきましょう。

ただ遊びに行くというだけなら、よほど重要でなけば控えることも考えましょう。

Right Caption

アス・パム男

せっかくの休みなのに!!!
Left Caption

UOTO

とりあえず今は耐えて、収束したらパーって遊びましょう!

 

オール青森で新型コロナに打ち勝とう!

今回の新型コロナウイルスはリーマンショックや東日本大震災以上の影響が出ると予想されています。

これから入学・入社などの新生活や桜祭りなどの春の観光シーズンを迎えますが、このままでは経済・観光・生活は大打撃を受けることになります。

そうならないためにも青森県民一人一人がしっかり対策し、そして冷静に行動することが大切です。

Left Caption

UOTO

私もコロナウイルスは怖いです。

でも怖いからこそSNSで情報を得るのではなく、最新の正しい情報を町のホームページや県のホームページなどで得るようにしています。

青森県庁ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」

各市町村のホームページでもコロナウイルスについての情報を更新しているようです。

国も言ってましたが、今が感染拡大を抑える大事な時期

・新型コロナウイルスについて知る
・手洗いうがいをしっかりする
・マスクで咳エチケット
・食で免疫を付ける
・デマには左右されない
・不要不急の外出は控える

この他にも対策はあると思いますが、こういったことをしっかりと行っていくことが青森県での感染を広げないために大切です。

県民一丸となって新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう!

Left Caption

UOTO

新型コロナ対策として厚生労働省のホームページでは、アルコール(70%)での消毒を推奨しています。

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の30歳。

【青森をもっと元気に!】を目標に大好きな青森県でブロガーとして頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO×タマ画伯