釣り動画用アクションカメラなら『ゴープロ』がおすすめ!【初心者向けの5つの理由】

2022年5月27日

・釣り動画を撮って思い出にしたい
・YouTube用に釣り動画を撮りたい

って方も多いはずです。

釣り動画でよく使われるのが【アクションカメラ】というカメラですが、多くのメーカーから販売されており、どれを選べばいいのか分かりませんよね。

Right Caption

一般の声

買ってから後悔したくないし・・・

そんな釣り動画を撮りたいアクションカメラ初心者には『ゴープロ』がオススメだと私は思います。




 

釣り動画用アクションカメラに『ゴープロ』がオススメな理由

私UOTO、ついにゴープロを使って釣り動画の撮影を行うことにしました。

Left Caption

UOTO

やっぱ動画の方が臨場感が伝わって面白いですからね~

購入したのは一昔前の【GoPro HERO7 Black】

価格は5万円ほどでした。

では、なぜ数多くあるアクションカメラの中からゴープロを選んだのか?

アクションカメラ初心者である私が感じた、“おすすめポイント”をお話ししたいと思います。

 

有名なアクションカメラだから

アクションカメラは様々なメーカーから登場しています。

GoPro HERO10 Black
DJI Action 2 Dual-Screenコンボ
AKASO Brave 8
など

どれも人気のアクションカメラですが、その中でも特に知名度が高く人気なのが『ゴープロ』です。

カメラに興味がなくとも、一度くらいは聞いたことがあるでしょう。

せっかく買うなら有名なアクションカメラの方がいいし、有名だからこそ使い方や小ネタまで色んな情報がネットで簡単に手に入ります。

Left Caption

UOTO

多くの釣りユーチューバーが使っているといった点もグッド!

 

画質が良い

釣り動画を撮影するなら、画質も重要です。

大事なシーンをブレブレの低画質で撮影したくないですからね。

特に安いアクションカメラなんかは、低画質で価格相応だったりします。

しかしゴープロなら5K・4K動画撮影をはじめ、色んな種類の画質で撮影可能ですし、先ほども言った通りで多くのユーチューバーが利用している安心感もあります。

Left Caption

UOTO

画質について詳しく分かりませんが、「ゴープロなら大丈夫だべ!」という勝手な先入観で買いました(笑)

手振れ補正機能も付いているので、体がブレやすい釣りでは大変重宝します。

 

操作が簡単

Right Caption

一般の声

アクションカメラって操作が難しいんじゃないの?

って疑問もあることでしょう。

しかしゴープロの操作は難しくなく、普通の動画撮影だけならボタン一つで完了します。

ここを押すだけで、録画開始・録画停止が可能
Left Caption

UOTO

私のような機械音痴でも、簡単に撮影できます!!

急に撮影したい場面があっても、すぐに対応できると思います。

またタッチパネルとなっているので、直接操作できるのも初心者に優しいと思います。

 

防水機能がある

釣り動画を撮るうえで怖いのが、カメラの水没。

水に濡れてデータが吹っ飛び、カメラも壊れるといったアクシデントは避けたいものです。

しかしゴープロには独自の防水機能があり、機種によっても異なりますが最大10mまでの防水性能があります。

なので対応水深までであれば落としても安心ですし、水中動画の撮影も可能です。

※ただしカバーの締め忘れなどによる水没は故障の可能性があるため、防水ケースが必要です

 

用途に応じた様々なマウントがある

ゴープロは多くの人に利用されているため、他メーカー機種以上に様々なマウントが発売されています。

・ヘッドマウント
・チェストマウント
・ネックマウント
などなど

釣り動画の何を重要視するかでマウント選びは変わってきますが、種類が豊富なので色々試せるのもゴープロの魅力です。

Left Caption

UOTO

ちなみに私はネックマウントを買いました!!

 

ゴープロのデメリット

初心者なりのゴープロをオススメする理由をあげましたが、もちろんデメリットもあります。

 

価格が高い

ゴープロのデメリットとしてまず挙げられるのが価格が高いってこと。

スペックにもよりますが、5万円前後が基本の価格帯だと思います。

アクションカメラには1万円以下のモノもあるので、それを見ちゃうとゴープロは高すぎると感じてしまうかもしれません。

Left Caption

UOTO

私も最初は安いアクションカメラを買おうとしていました・・・

ただ価格の分、豊富な機能面や撮影時の安定性そして安心感があると思います。

 

バッテリーが持たない

ゴープロを使ってみて分かったデメリットとして、バッテリーが持たないってことも。

画質モードにもよりますが、体感的には50分~1時間くらいでバッテリーが切れます。

ゴープロのバッテリーの目安
4K  :50分前後
フルHD:1時間前後

長時間歩くような渓流釣りなんかでは、大事な場面で充電切れなんてことも無きにしも非ず。

Left Caption

UOTO

バッテリー1個あたり1時間くらいと考えてた方がいいかもしれませんね・・・

 

microSDが必要

当たり前ですが、動画の保存にはmicroSDが必要です。

Left Caption

UOTO

すっかり忘れててスマホのmicroSDを代用しました(笑)

ゴープロで使用するmicroSDカードは、32GB以上が推奨されています。

画質によって録画できる時間は異なりますが、基本的に64GBくらいあればそれなりに撮影可能です。

ゴープロ録画時間の目安(64GB)
4K  :約2時間
フルHD:約4時間

ちなみに私が後日購入したmicroSDは、比較的安価な【SanDisk Ultra 64GB】です。

Left Caption

UOTO

私のようにゴープロだけ手に入れて満足しないように~(笑)

 

釣り動画撮るなら『ゴープロ』がおすすめです

釣り好きなら、自分の釣りを映像として残してみたいものですよね。

ですが私のようなカメラ初心者は、釣り用にどのアクションカメラがいいか分からないし、画質や機能の比較をされてもパッパラパー。

どのメーカーも良いことばかり言うもんだから、迷ってしまうと思います。

Left Caption

UOTO

解像度とかさっぱりです(笑)

 

しかしあれこれ悩むよりだったら、最初から『ゴープロ』を買うことをオススメします。

釣り動画初心者にゴープロをオススメする理由
・有名なアクションカメラだから
・画質が良い
・操作が簡単
・防水機能がある
・用途に応じた様々なマウントがある

ちょっと高いのがネックですが、型落ち品や中古品なら4万円以下で買えるはずです。

Left Caption

UOTO

十分それでも高いんだけどね(笑)

ゴープロに慣れて色々試したいって思ったときに、違うメーカーのアクションカメラを買っても遅くないと思うので釣り動画を始めてみたいと思っている方は『ゴープロ』から始めてみてはいかがでしょうか?

UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の33歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。

趣味で釣りします。
できるだけお金をかけずに楽しんでます。

Twitterのフォローもお願いします。

UOTOのTwitterアカウント

YouTubeで釣り動画をあげてます。チャンネル登録お願い致します。

YouTube【うおとぶいろぐ】