弘前街歩きの魅力と見どころ【実はフレンチ・コーヒーの街!?】

2020年6月6日

弘前の街歩きは楽しい、UOTOです。

街歩きが楽しい街と言えば函館市や神戸市などを思い浮かびますが、ここ青森県にも街歩きが楽しい街があるのです。

それが弘前市です。

青森県の西に位置する弘前市は、江戸時代に城下町として栄え、明治以降、西洋文化が入り多くの洋館が建てられました。

寺院や城など和の要素と、洋館・教会などの洋の要素が上手くコラボしており、街歩きにぴったりの街なのです。

実はフレンチの街だったり、コーヒーの街だったりと意外な一面を持っているのも弘前の魅力。

そんな弘前街歩きの魅力と見どころを少しだけご紹介しましょう。




弘前街歩きの魅力

私が弘前の街歩きをオススメする理由としては、街歩きしやすい環境』があることです。

弘前は城下町特有の狭い路地はもちろんの事、再開発により整備された歩行者通路、広く作られた歩道が多く、街歩きには文句のない環境です。

綺麗に真っすぐ作られた道よりも道がくねくねしていたり、入り組んでいたりするほど、冒険というか探検気分を味わえて街歩きが楽しく感じるのです。

Right Caption

アス・パム男

碁盤の目の京都とかもそうだよね。

歩いてる途中に新しい発見があったりするのも街歩きの醍醐味で、学園都市でもある弘前には小さい喫茶店や雑貨店が多いので、来れば来るほど新たな発見に出会えます。

日中はお店や観光スポットを巡りながらの街歩き、夜は街明かりを眺めながらゆっくり歩いてもいいかもしれません。

弘前駅前
弘前昇天教会

しかも中心街が比較的コンパクトで、1日あれば色々回れるので短い旅行でも楽しむことが出来ます。

そんな弘前の街歩きをより楽しむために、ぜひ覚えておいて欲しいことを見どころとしてまとめます。

 

弘前街歩きの見どころ

ただ散策するのもいいですが、せっかくの弘前ですから思いっきり食や歴史を楽しみましょう。

ということで弘前街歩きの見どころをまとめます。

アップルパイ食べ歩き

弘前は日本一のリンゴの生産量を誇っており「リンゴの街」とも呼ばれ、市内の菓子店の多くがリンゴを使ったお菓子を作っています。

Right Caption

りんご女

弘前だけで全国約20%のりんご生産量を誇るのよ。

そんなリンゴの産地でオススメのお菓子がアップルパイ』。

アップルパイは多くの店で提供しており、その見た目と味はその店ごとに違います。

市内で配られているアップルパイガイドマップには47種類のアップルパイが掲載されています。

提供店のほとんどが中心街に密集しているので食べ歩きも出来ますし、持ち帰り可能な所も多いのでお土産にもピッタリです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝚌𝚑𝚊𝚗𝚖𝚒𝚗𝚊(@___mina.life___)がシェアした投稿

Right Caption

アス・パム男

一日で全部は無理だわ・・。
Left Caption

UOTO

1日1個で47泊すればいいよ(笑)

弘前を街歩きする際はこのアップルパイにも注目してみてください。

 

弘前フレンチ

弘前の街歩きで注目して欲しいのが弘前フレンチです。

Right Caption

アス・パム男

弘前でフレンチ?何言ってんの?
Left Caption

UOTO

実は弘前市はフレンチの名店が多いんだ!

なぜ弘前にフレンチの店が多いのかというと、冒頭でも言いましたが明治時代以降に西洋文化が伝わってその流れでフランス料理を提供する店が増えたとも言われています。

Right Caption

りんご女

決して津軽弁とフランス語が似ているからという事ではないのよ(笑)

しかもただのフレンチというわけではなく、青森県産の食材をふんだんに使った青森でしか味わえない弘前フレンチとなっています。

その中で有名なのがレストラン山崎ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

タイムラボ(@timelabo)がシェアした投稿

無農薬栽培に成功した「奇跡のリンゴ」などの体に優しい食材を使っている、弘前で一番有名なフレンチレストランになります。

関連ランキング:フレンチ | 中央弘前駅

 

コーヒーの街で喫茶店巡り

実は弘前市はコーヒーの街とも知られ、その歴史は150年前にも遡るそうです。

弘前藩士が蝦夷地(現在の北海道)に赴いた際に浮腫病の予防薬として飲んだのがコーヒーで、庶民としては日本で初めてコーヒーを飲んだそうです。

Right Caption

アス・パム男

だから青森のコーヒー消費量も多いのかな?

そして大正から昭和にかけて「カフェー」ブームがあり、弘前の街には多くの喫茶店が誕生し現在でも多く残っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ran(@takahashiranko)がシェアした投稿

歴史ある喫茶店も多いので、コーヒーを片手に当時のカフェ文化に思いを馳せてみるのもいいかもしれませんね。

Left Caption

UOTO

コーヒーの聖地と言っても過言じゃないかも?

 

歴史的建造物・寺院巡り

弘前城:今は石垣工事のため天守が移動しています。

城下町:弘前には弘前城はもちろん、多くの寺院や歴史的建造物が残っています。

日本で江戸時代以前から現存する日本の12天守の一つ弘前城や、33の禅寺が連なる禅林街、武家屋敷が今も残る仲町などの歴史的建造物・寺院も弘前街歩きの見どころ。

最勝院 五重塔

特に国の重要文化財である最勝院五重塔は、1667年に完成した日本最北の五重塔で、東北一の美しい五重塔と言われています。

Left Caption

UOTO

弘前は「北の京都」とも言われてるとか言われていないとか・・・

 

洋館・教会巡り

和風建造物が多い一方で、実は洋館・教会が多い事でも知られています。

なぜ弘前に洋館が多いのかと言うと、明治以降に学都弘前を目指して外国人教師を多く招き、文明開化の流れもあって多くの洋館や教会が建てられたからです。

旧東奥義塾外人教師館

例えばこちらの「旧東奥義塾外人教師館」は、青森県で最初に開校された私学校:東奥義塾に招かれた外国人教師のために建てられた建物です。

旧弘前市立図書館

こちらは明治39年に日露戦争の戦勝記念として建てられた「旧弘前市立図書館」になります。

日本キリスト教団弘前教会

こちらが「日本キリスト教団弘前教会で平成5年に県重宝に指定されたこの教会は、明治39年に建てられた東北初のプロテスタント系の教会です。

弘前公園近くにあるスターバックスコーヒーも洋館になってます。※旧第八師団長官舎

スターバックスコーヒー(旧第八師団長官舎)

この他にも洋館・教会が多いので、街歩きの際はぜひ訪れてみてください。


このように弘前の街歩きは本当に見どころが多く楽しめます。

Right Caption

アス・パム男

なんで弘前には歴史的建造物が多く残っているの?
Left Caption

UOTO

たぶん太平洋戦争の戦火を免れたのが大きいかもね。




弘前の街歩きは本当に面白い

Right Caption

アス・パム男

弘前がフレンチの街だとかコーヒーの街だとか知らなかった。
Left Caption

UOTO

でしょ?弘前って面白い街なんだよ!

ここで紹介した事はほんの一部で、まだまだ紹介していない部分も多くあります。

アニメにも登場した【藤田記念庭園】や、レトロでオシャレなカフェ【名曲&珈琲ひまわり】、多くの雑貨や伝統工芸品などたくさんの魅力が弘前には詰まっています。

これほど和と洋が上手く調和している街は弘前くらいではないでしょうか?

Right Caption

アス・パム男

それはいいすぎ!!(笑)

もちろん街歩きだけでなく、お得な100円バスも10分間隔で走っているので気軽に観光できます。

転載:弘南バス 土手町巡回100円バス
転載:弘南バス ためのぶ号100円バス

春は弘前城さくらまつり、夏は弘前ねぷた祭り、冬はイルミネーションなどの季節ごとに祭りもあるので、一人旅でも複数人の旅でもぜひ弘前を訪れてみてください。

ゆっくり街歩きすれば、きっと弘前が好きになると思いますよ。




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の30歳。

【青森をもっと元気に!】を目標に大好きな青森県でブロガーとして頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO×タマ画伯