小川原湖周辺の釣りポイントをご紹介!

2020年9月12日

過去記事ではシジミ採りや湖水浴ができるとしてオススメした小川原湖ですが、実は釣りスポットとしてもオススメしています。

とはいえ、小川原湖は広いため湖で釣りをする人はほとんどいません。

大半の釣り人は小川原湖周辺の川・沼・用水路で釣りをしています。

バス釣り・フナ釣り・コイ釣り・ナマズ釣りなど多種多様な釣りを楽しめるのも小川原湖周辺の魅力。

この記事では小川原湖周辺の釣りポイントから、特に釣り人の多い上北エリアをご紹介します。

季節によっても釣れる魚も変わってくるので、参考程度にご覧ください。

※「釣れる魚」は私が過去に釣った魚及び、知人のオジサンに聞いた魚です。



小川原湖周辺の釣りポイント

ここで紹介するのは小川原湖周辺の一つである上北エリアの釣りポイントです。

上北エリアは小川原湖に隣接しており、川・沼が多く、毎年5月にはヘラブナ釣り大会が行われるほどの釣りの名所。

小川原湖

一応小川原湖には多種多様な魚がいるので釣りは可能ですが、広すぎてポイントを絞れないため釣り人はほとんどいません。

場所によってはフナ・コイなどが釣れるほか、夜間はボラの活性も上がるため狙い目。

地図はオススメの釣り場所を載せておきます。

そこでは主に小型のウグイの釣果がある他、近くの用水路ではザリガニやフナ・タナゴも釣れます。

Left Caption

UOTO

小川原湖本体は釣りに不向きかもしれないですね・・
釣れる魚
・フナ
・コイ
・ボラ
・ウグイ
など

小川原湖公園の用水路

小川原湖の南側は田んぼが広がっているため用水路が多いです。

用水路なら1本竿や子供用の竿でも狙う事が可能なので、家族連れにも安心。

画像の用水路は桜の名所の一つ「小川原湖公園」付近の用水路で、コイやフナなどの釣果があります。

公園内にトイレあり。

Left Caption

UOTO

画像の用水路でコイを掛けましたが、上げられず逃がしてしまいました・・
釣れる魚
・フナ
・コイ
・ウグイ
・ナマズ
・タナゴ
など

花切川(下流)

花切川は5月に全国ヘラブナ釣り大会が行われるほど、ヘラブナ釣りで人気の釣りポイント

釣る場所も確保されている他、毎日のようにフナ釣り・コイ釣りのオジサンたちがいます。

ハスが多く、根がかりには要注意です。

トイレもあります。

Left Caption

UOTO

大型の魚がよく跳ねていますよ。
釣れる魚
・フナ
・ヘラブナ
・コイ
・ブラックバス

中花切川?

花切川から少し離れた沼っぽい場所で、正式名所は不明です。

ここでもヘラブナ釣りが楽しめるほか、橋げた・杭・アシなどが多くバス釣りを楽しむ若者も多いです。

画像の桟橋は老朽化で倒壊しやすくなっているので、登らないようにしましょう。

Left Caption

UOTO

川と言うものの流れは無いのでウキ釣りに最適です。
釣れる魚
・フナ
・ヘラブナ
・コイ
・ブラックバス
・ナマズ
など

花切川(上流)

花切川の上流は川と言えど流れは穏やかで、比較的釣りやすくなっています。

特にオススメは用水路との合流点でウグイやフナの釣果がある他、ワームでのバスの釣果もあります。

道路に面しているので、邪魔にならないように釣りをしましょう。

Left Caption

UOTO

川幅が狭く、場所によってはかなり浅くなっています。
釣れる魚
・ウグイ
・ヘラブナ
・フナ
・ブラックバス

花切川(八甲温泉)

八甲温泉の裏側にある中花切川の上流。

温泉のお湯が流れているためか水温が他より高めで、上北でバス釣りをする人はだいたいここに集まります。

ハス・杭・アシなど障害物も多く、本格的なバス釣りが楽しめるはずです。

田畑や民家が近いので邪魔にならないように注意しましょう。

Left Caption

UOTO

もう少し下流にいった所の方が個人的には釣果があります。
釣れる魚
・コイ
・フナ
・ブラックバス

花切川近くの用水路

花切川の横を流れる用水路で、画像のようなコンクリート舗装された部分と未舗装の部分があります。

コンクリート舗装された用水路は流れが緩く、小物メインのウキ釣りに適しています。

未舗装の用水路は流れが速く、ウキなしの方が釣りやすいです。

Left Caption

UOTO

取材時おじいさんが釣りをしていて、ウグイを10匹ほど釣っていました。
釣れる魚
・ウグイ
・タナゴ

高瀬川

高瀬川は小川原湖に注ぐ比較的大きな川です。

草などが生い茂り釣りをしにくいですが、時期によってはマルタウグイが遡上するためよく釣れます。

マルタウグイはルアー(スプーン・スピナー)でも釣れます。
Left Caption

UOTO

画像の位置よりも上流にいった所の方が釣り人に人気です。
釣れる魚
・コイ
・マルタウグイ

土場川

小川原湖に注ぐ小さな川で、少し濁っているのが特徴。

過去には餌釣りでナマズやコイの釣果がある他、ブラックバスが釣れたという報告もあります。

付近には用水路もあるので合わせて狙ってみてください。

Left Caption

UOTO

気軽にできる釣り場所は橋の下くらいしかありません。
釣れる魚
・ナマズ
・コイ
・フナ
・ブラックバス

小川原湖と土場川の合流付近

土場川と小川原湖の合流地点より少し南にいったポイントです。※地図を参考に

ここではルアーでのブラックバスやナマズの釣果があります。

しかし近年、水草が多くなって釣りにくくなっています。

Left Caption

UOTO

餌だと主に小物が良く釣れます。
釣れる魚
・ブラックバス
・ナマズ
・フナ
・コイ
・ウグイ

姉沼

小川原湖に隣接する大きな沼で、冬は湖面が凍るためワカサギ釣りポイントとして賑わいます。

ブラックバスも釣れると言われていますが、ボートがないとかなり厳しいです。

Left Caption

UOTO

姉沼に注ぐ姉沼川は陸からでも釣れるのでオススメ。
釣れる魚
・フナ
・コイ
・ブラックバス
・ワカサギ

穴場的釣りポイント

写真を撮るのを忘れていましたが、上北エリアの穴場の釣りポイントが地図で示した沼になります。

道路からは全く見えませんが、大きな沼が田んぼのど真ん中にあります。

地元では「豊田」と呼んでいるようです。

砂利道を行かないといけないため、なかなか行きづらいですがフナやタナゴなどの小物釣りなら最適な釣りポイントになります。

Left Caption

UOTO

何か分かりませんが大きな魚が跳ねている事もあります。
釣れる魚
・フナ
・タナゴ
・ウグイ

上北はバスが釣れない!?

「上北は全然バスが釣れないよ・・」っていう声をよく聞きますが、実は私もここ2年くらい上北でブラックバスを釣れていません。

その理由としては「スレている」という事と「駆除されている」ということです。

実は小川原湖周辺にバス釣りポイントって結構あるんです。※地元民しか知らない場所も多々あります

ですが上北でバス釣りと言えば花切川が人気なので、釣り人が集中して集まっています。

そこまで広いわけでもないし、陸からの釣りがほとんどなので結構スレているのではないかと思います。

また一昨年確認したところ、地元の方がドジョウを使ってバスを駆除していました。※40オーバーも結構いました

それも多少影響しているのではないかと思います。

Left Caption

UOTO

小魚が多いので小魚を演出できるルアーやワームがオススメ。

釣り道具が足りない時は・・・

釣りの名所でもある上北エリアですが、実は釣具店がありません。

なので餌や足りない釣り道具はホームセンターでの購入が必要です。

エリア内には3つのホームセンターがありますが、釣り道具の取り扱いがあるのはホームセンターかんぶんだけ。

種類は多くないので、できるだけ事前に購入しておくことをオススメします。

Left Caption

UOTO

ミミズも売っていますが、在庫は少なめです。

 

小川原湖周辺で釣りをする際はルールを守りましょう

小川原湖周辺の川・沼・用水路で釣りをする際は、地元の組合などのルールを守って釣りをしてください。

場合によってはこのように料金がかかる場合もあります。

ヘラブナを釣ったらリリースするのがこの上北エリアのルールになっていますし、全国共通でバスの放流は禁じられています。

Left Caption

UOTO

釣り場を守っていくためにもしっかりとルールとマナーを守りましょう。

※もし「釣れたよ!」って写真がありましたが、気軽にコメント欄に添付してご報告ください。




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO