免疫力を高めるために摂るべき青森県の食べ物【ウイルス対策】

こんにちは、UOTOです。

さて現在、新型コロナウイルスが流行っていますが、治療薬もなく具体的なウイルス対策が分かっていない状況です。

頼みの感染予防とされるマスク着用に関しても、WHOは「マスクをしていないからといって、感染の可能性が必ずしも上がるわけではない」と発表したそうです。

Right Caption

アス・パム男

じゃあ何がウイルス対策として効果的なの・・?

そんな不安を抱える方も多いことでしょう。

そこで私が注目したのが免疫力

免疫力とは、体内に侵入してきた細菌・ウイルスなどを倒すために働く防衛システムみたいなもの。

免疫力自体が新型コロナに対抗できるかは不明ですが、この免疫力によってインフルエンザや風邪などのウイルスから体は守られています。

ウイルスの感染を完全に防げるわけではないけど、仮に感染したとしても軽症で済むことも多いそう。

なので免疫力を高めることで新型コロナなどのウイルスに対抗できるのでは?と考えるわけです。

免疫力アップの方法については色んなサイトで紹介されていますが、このブログは青森応援ブログなので免疫力を高められる青森県の食べ物だけを紹介していきたいと思います。



免疫力を高められる青森県の食べ物

まずは多くのサイトで取り上げられている免疫力アップが期待できる食べ物の中から、青森県に関係ありそうな食べ物だけを取り上げます。

ヨーグルト・納豆・長芋・しょうが・にんにく・りんご

ヨーグルト

免疫力はから高めていきましょう。

実は免疫力の要となるリンパ球の約60%が腸に集まっており、抗体全体の60%は腸で作られているそうなのです。

つまり腸が健康であれば免疫力も高まるということになります。

そんな腸内環境の維持に欠かせないのが乳酸菌

乳酸菌は腸内の悪玉菌の抑えて、腸内菌のバランスを取る役目をしています。

Left Caption

UOTO

実際に新型コロナが流行った時にR-1などの乳酸菌飲料が品薄になったと言われています。

乳酸菌にも色々種類(ビフィズス・がセリ・シロタなど)があるので、どの乳酸菌がウイルス対策として一番効果あるかとは言えませんが、免疫力は腸からということでヨーグルトなどで腸内環境を整えていきましょう。

そんなヨーグルトも青森では多く作られています。

特に青森県酪農発祥の地とされている新郷村の飲むヨーグルトがオススメ!

新郷産生乳100%使用で安定剤・香料・添加物を一切使用していないので安心安全です!

 

納豆

納豆もヨーグルトと同じ発酵食品の一つ。

納豆の元である納豆菌は、腸内の免疫細胞を活性化させることが分かっています。

しかも納豆は日本に昔から存在する健康食品。

日本に海外のような感染症が少ない理由は、この納豆が理由ではないか?とも一部では言われるほどです。

Left Caption

UOTO

実際コロナが流行った2月頃、納豆の売り上げがかなり伸びたらしいですよ。

大豆自体も免疫細胞を作るタンパク質が豊富なのでダブルの効果があります。

納豆といえば茨城の水戸をイメージしますが、ここ青森県でも納豆は多く作られています。

なかでも明治37年創業の”かくた武田”青森納豆はかなり有名で、大正時代に納豆業者として初めて納豆菌の純粋培養に成功したんだそう。

青森県産大豆を100%使用しているので、まさに青森の納豆。※価格はちょい高め

 

長芋

長芋も納豆同様のネバネバの食べ物ですが、胃腸の調子を整える事で知られています。

長芋の栄養分:水溶性食物繊維は水分を多く含んだまま腸に届くので、腸内環境を改善して免疫力を高めてくれます。

テレビでは1週間に3回以上長芋を食べるとインフルエンザの発症率が44%減少するとありました。

目安としては1日100グラムが適量で、とろろなどの生食で食べるのがオススメです。

Left Caption

UOTO

調理すると栄養分が失われてしまうそうです・・・

長芋と言えば、青森県の長芋生産量は全国トップクラスで約40%シェアを誇ります。※1位は北海道です。

青森県産ながいもは色が白くて粘りが強いのが特徴

特に県南地域で作られているブランドやませながいもは、太平洋側に吹く厳しい風「やませ」の耐えて成長しているので、とても栄養価が高いといわれています。

 

しょうが

ショウガも免疫力を高める食べ物の一つ。

「風邪を引いたら生姜湯」って昔からの言い伝えがあるように、しょうがには体を温める作用があります。

体が温まるということは血流が良くなっているということで、血液中の白血球が活性化し免疫力が高まっている証拠。

血流が良くなれば胃腸の働きも促されるので、しょうがによって体全体の免疫が高まるってことです。

Left Caption

UOTO

しょうがには体内の殺菌作用もあるようです!

しょうがを使った料理と言えば、青森の生姜味噌おでん

生姜味噌おでんは戦後の青森市にできた闇市の一軒が、青函連絡船のお客さんを少しでも暖めようと思い作ったソウルフードになります。

すりおろした生姜と味噌を混ぜたタレを使っているので、生姜が少し苦手な人でも気軽におでんと一緒に生姜を食べることができます。

生姜味噌は自宅で手軽に作れるので、青森おでんの会の公式ページを参考にしてみてください。

 

にんにく

サプリメントにもなるほど、言わずと知れた健康な食べ物であるにんにく。

にんにくのニオイ成分であるアリシンには強力な抗菌力・殺菌力があるため、ウイルスなどから体を守る免疫力を高めてくれます。

また疲労回復効果もあり、体の疲れからの免疫低下を抑えてくれるのです。

Left Caption

UOTO

ガンの抑制にも繋がると言われているくらい凄い食べ物

にんにく生産量が全国の約7割ほどのシェアを誇る青森県で、お土産としても人気なのが黒にんにく。※発祥は三重県

元々栄養価が高いにんにくを長い時間熟成させると、さらに栄養価が高くなる黒にんにくが完成します。

甘みが増してフルーツのような食感に変わり食べやすくなります。

 

りんご

「りんごが赤くなると医者が青くなる」「1日1個のりんごは医者を遠ざける」という言葉があるほど健康に良いりんご。

りんごに含まれるリンゴポリフェノールの一つであるエピカテキンが、抗酸化作用に優れ免疫力を高めてくれるそうです。

またりんごの皮に含まれる食物繊維は、腸の働きを活性化される効果があります。

Left Caption

UOTO

りんごをそのまま丸かじりした方が良いって事だね。

青森の代名詞と言っても過言ではない「りんご」。

そのりんごを使ったリンゴ酢が特にオススメです。

リンゴ酢とは、極端に言えばお酢にりんごを漬け込んで作られたもので、普通のお酢とは違い、フルーティーでそのまま飲めるのが特徴です。

りんごの成分はもちろんの事、お酢の成分である酢酸も気軽に摂れるので一石二鳥ですよ。

 

青森県の食べ物でウイルスに負けない免疫力を!!

この記事を書こうと思ったきっかけは、他サイトで免疫力を高める食べ物として紹介されていた大半が、青森県で日頃食べられてたり作られているものばかりだったからです。

青森県民あるあるで「病院に行かないって人が多い」というのがありますが、それは日頃の食べ物のおかげで免疫力が高く”風邪などのウイルスには罹らないから”なのかもしれません。

Left Caption

UOTO

もちろん勝手な憶測です
Right Caption

アス・パム男

だからこそ重病に気づかず短命になっているのかも・・・
Left Caption

UOTO

それは言わないお約束!!

ともかく、リンゴ・にんにく・長芋など青森県の食べ物はウイルス対策にはかかせない免疫力を高められる物ばかりです。

青森の方であれば地元の物を多く摂る、県外の方であれば青森の食べ物を取り入れて、ウイルス対策の一つとして免疫力を高めてみてはいかがでしょうか?

Left Caption

UOTO

食でウイルスをやっつけよう!!




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO