「メタルジグで釣れない」から釣れるようになった3つの方法

岸(ショア)からルアーを投げて釣るフィッシングゲームショアジギング

名前からも分かる通り、メタルジグが主な使用ルアーです。

しかしそんなメタルジグ、

・メタルジグは釣れない
・メタルジグの使い方が分からない

なんて声も多い。

私自身も釣りが下手ということもあり、最近までメタルジグは釣れないと思っていました。

しかし今では、メタルジグでも色んな魚が釣れるようになりました。

その釣れるようになった理由をお話しします。



 

メタルジグで釣れるようになった3つの方法

メタルジグで釣れない日々を過ごしていましたが、少しだけメタルジグの使い方を改善したことで釣れるようになりました。

その方法が今の3つです。

 

アクションを付けるようになった

今までの私は、メタルジグを“ただ巻き”でしか使っていませんでした。

一般的なメタルジグの場合、ただ巻きだとアピール力が弱いと言われています。

確かに偽物であるルアーを食わすためには、他の本物エサよりも目立つ必要があるわけで、ただ巻きだけだとちょっと弱い。

Left Caption

UOTO

ただ巻きが悪いってことではなく、何の根拠もなくただ巻きをしていたので釣れなかったわけですね・・・

 

そこで取り入れたのが、“ジャーク”

ようするに、ロッドをしゃくる動作のことです。

ジャークにも色々ありますが、あまり深く考えずとにかくしゃくってみることをお勧めします。

やはり、ロッドアクションでイレギュラーな動きが演出できるのがメタルジグの強み。

ただ巻きでも釣れることはありますが、変則的な動きを演出してあげることでより釣果が期待できると思います。

 

 

底を取るようになった

今までの私は、根がかりの恐怖からメタルジグを底に落とすことを躊躇っていました。

なので、キャストして着水後すぐに巻くというワンパターンな動作ばかりになっていたのです。

魚が表層にいればいいのですが中層~底にいる魚もいるわけで、それじゃあ釣れませんよね。

 

なのでキャストして着底まで糸を出し、「着底したな」ってタイミングで巻き上げています。

底を取るようになってからは釣れるようになったし、釣れる魚種も増えました。

もちろん根がかりの恐怖は未だに残っていますが、安いメタルジグを使うことで解決しています。

Left Caption

UOTO

着底してから放置しないってことも徹底しています!

 

とにかく粘ってみる

結構釣れない人あるあるだと思いますが、今まではメタルジグを3~5キャストくらいして「メタルジグは釣れない」と諦めていました。

改めて考えると川と違って海は広いし深いですから、数回のキャストで釣れないと判断するのは時期尚早だったのかもしれません。

 

今まで以上に粘ることで結果釣果は付いてきていますし、同じルアーでも表層~ボトムとレンジを変えてあげることで釣果が全然変わってきます。

アクションを変えてみたり、レンジを変えてみたりと、時間をかけて粘る必要もありそうです。



 

メタルジグは釣れる!

出典:ACフォト

長年、メタルジグは釣れないと悩んできました。

動画を観てればみんな釣れているのに、なぜ自分だけ・・・

Left Caption

UOTO

メタルジグで釣れず、処分した時期も正直ありました・・・

ここで挙げた、

・アクションを付けるようになった
→ただ巻き以外にも挑戦してみる
・底を取るようになった
→根がかりの恐怖を克服する
・とにかく粘ってみる
→時間をかけて色々探ってみる

以上の3つを意識するだけでも釣果が変わってくると思います。

 

もちろん【釣り場の問題】【潮の状況】などでも釣果が左右されてしまいますが、私のような下手くそでも釣れているので、みなさんはもっと釣れるはずです。

メタルジグはシンプルだけど奥が深い。

だからこそ難しいし、釣れた時はかなり嬉しい。

全然参考にならない記事で申し訳ございませんが、メタルジグを使ってどんどん釣っていきましょう。

Left Caption

UOTO

青物はあまり釣れていないんで、頑張ります!




UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の33歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。

趣味で釣りします。
できるだけお金をかけずに楽しんでます。

Twitterのフォローもお願いします。

UOTOのTwitterアカウント

YouTubeで釣り動画をあげてます。チャンネル登録お願い致します。

YouTube【うおとぶいろぐ】