青森の家族旅行にオススメしたい遊べる施設【青森だからこそ楽しめる!】

2020年7月17日

「青森を家族旅行したい!でも子供が遊べる施設はどこだろう?」「もし雨が降ったらどこに行こう?」

青森を家族旅行する際にそんな悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

しかし残念ながら青森県には子供向け施設というのは少ないです。

観光ガイドを見ても大人向けの施設ばかり・・・。

ですが少ないながらも青森だからこそ楽しめる施設も多くあるのです。

他県にはないような体験ができる、家族旅行にオススメの遊べる施設をご紹介したいと思います。

天気で選べる屋内・屋外に分けてご紹介したいと思います。

家族旅行はもちろん普段のお出かけ、帰省時などにも参考にしてみてください。




 

家族旅行で遊べる青森県内の屋内施設

浅虫水族館

青森の子供向け施設といったらここ青森県営浅虫水族館でしょう。

多種多様な水生生物を約300種類1万点展示しており、東北では1位に2位を争うほどの規模。

長さ15mのトンネル水槽では地元陸奥湾をイメージした生き物が展示され、ホタテの養殖風景も眺めることが出来ます。

雨でも雪でも開催できる屋内プールでのイルカショーは1日4~5回ほど行われ、多くの子供たちを楽しませてくれています。

全国的にみれば水族館の入館料は基本的に2000円くらいの所が多いですが、浅虫水族館はなんと大人:1030円、小中学生:510円となんとも良心的な価格!

しかし閉館時間は短めになっていますのでご注意ください。

青森県営浅虫水族館
入館料 :大人1030円、小中学生:510円、幼児:無料
営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 :年中無休
アクセス:青い森鉄道浅虫温泉駅より徒歩5分

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
浅虫水族館公式ページ

 

八戸水産科学館マリエント

マリエントは八戸市にある小さめな水族館で、全国有数の水産都市である八戸の海の魅力を伝える施設になります。

大水槽にいるアオウミガメなどへの餌付けショーやデンキウナギの実験など「見る・体験する」が盛りだくさんで、小さいながらも面白いコーナーがたくさんあり、まさに子供向けになっています。

マリエント周辺には蕪島というウミネコの繁殖地があるので、2月下旬~8月の時期になると島を埋め尽くす多くのウミネコも見ることができます。

八戸市水産科学館マリエント
入館料 :大人300円、シニア150円、高校生200円、小中学生100円
営業時間:9:00~18:00(6月~8月)、9:00~17:00(それ以外の期間)
休館日 :毎年変更有り(公式ページをご覧ください)
アクセス:JR八戸線:鮫駅から徒歩16分

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
八戸市水産科学館マリエント公式ページ

 

三沢航空科学館

三沢航空科学館とは平成15年に開館した三沢市にある「大空」「飛翔」をテーマに子供達が色んな体験をできる大型施設です。

施設内には飛行機のレプリカ、大空ひろばには現役で活躍した戦闘機や演習機などが展示されているため、大人も楽しめるのではないでしょうか?。※機内見学可能な機体もあり

科学を体験できるコーナーや操縦士体験の出来るコーナーなど子供が楽しめるものがいっぱいで、しかも中学生以下無料となっています。

近くに在日米軍の基地があることから間近に戦闘機が飛ぶ姿も眺めることができます。

三沢市航空科学館
入館料 :大人510円、高校生300円、中学生以下無料
営業時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日 :毎週月曜日と12月30~1月1日
アクセス:三沢空港から車で6分

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
三沢航空科学館公式ページ

 

六ケ所原燃PRセンター

六ケ所原燃PRセンターとは原子力燃料再処理施設が立地する六ケ所村にある体験施設で、原子燃料サイクルの仕組みや役割をパネルや模型を通して学ぶことが出来ます。

原子力について賛否の声はあると思いますが、原子力エネルギーを知らずに賛成・反対するのではなく、知った上で自分の意見を述べるのが重要になり、その原子力について学ぶ施設として子供から大人まで勉強になると思います。

とはいっても子供はよく分からないと思うので、純粋に体験施設として遊ぶ方がいいかもしれません。

六ケ所原燃PRセンター
入館料 :無料
営業時間:9:00~17:00
休館日 :毎月最終月曜日、年末年始
アクセス:野辺地駅より車で40分

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
六ケ所原燃PRセンター公式ページ

 

青函トンネル記念館

青函トンネル記念館は、津軽半島の北部:外ヶ浜町にある青函トンネルの歴史やケーブルカーに乗って海面下140mの世界を体験できる施設です。

海底240m、総延長約24kmの青函トンネル工事は多くの苦労の連続だったと思います。

そんな苦労の歴史や当時使われていた機械などを学べる全国唯一の施設です。

当たり前ですが普段、海面下に行く事ができないので子供にとっては良い体験になると思います。※個人的には怖かった印象です

青函トンネル記念館
入館料 :大人400円、小学生200円、ケーブルカー大人1000円、小学生500円(セット割有)
営業時間:8:40~17:00
休館日 :11月6日~4月19日
アクセス:JR三厩駅よりバスで35分(ただし本数が少ないので注意)

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
青函トンネル記念館公式ページ

 

家族旅行で遊べる青森県内の屋外施設

モヤヒルズ

モヤヒルズは青森市の郊外にある様々なアクティビティを家族で楽しめる施設です。

オートキャンプ場やケビンハウスがあるので宿泊も可能で、施設内にはニュージーランド発祥の遊具「ローラーリュージュ」、テニスやプール、フリークライミングウォールなどがあり子供から大人まで楽しめます。

ローラーリュージュとは?

前輪1つと後輪2つの三輪の特別カートに乗り、坂道を自転車に似たハンドルを操作して滑走するスポーツ

モヤヒルズは青森市内を一望できる夜景スポットとしても有名で、家族だけでなくカップルにもオススメです。

冬期間はモヤヒルズスキー場が運営されるので冬でも楽しいスポットになっています。

モヤヒルズ
入館料 :無料(各アクティビティごとに料金がかかります)
営業時間:公式ページをご覧ください。
休館日 :4月上旬~下旬、11月~12月上旬
アクセス:東北自動車道:青森中央ICから車で15分

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
モヤヒルズ公式ページ

 

八戸こどもの国

八戸市郊外にある八戸こどもの国(八戸公園)は青森県で唯一の観覧車がある子供向け施設になります。

普通の遊園地に比べて物足りなさはあるかもしれませんが、乗り物料金も安くゴチャゴチャしていないので家族でも安心して楽しめます。

遊具以外にも広大な芝生のエリアもあり、子供がボールなどで伸び伸びと遊べますので一日のんびりと過ごすことができます。

春は桜の名所としても有名で、通年で楽しめる植物園や子供館もあります。

八戸こどもの国
入館料 :無料(各乗り物によって料金がかかります)
営業時間:9:00~16:45(乗り物券販売は16:00まで)
休館日 :毎週月曜日と11月中旬~3月31日まで
アクセス:八戸自動車道:八戸ICから車で10分

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
八戸公園公式ページ

 

弥生いこいの広場

弥生いこいの広場とは弘前市郊外にある青森県内では珍しい動物公園です。

ラマやプレーリードッグなどの珍しい動物と触れ合う事ができるほか、ポニーに乗馬することもできるので小さい子供は喜ぶと思います。

園内にはトイレやシャワールームなどの設備が整ったキャンプ場もあるので、家族で宿泊することも可能

施設内からの景色も良いのでぜひ訪れて見てください。

弥生いこいの広場(動物広場)
入館料 :大人440円、中高生270円、4歳~小学生220円
営業時間:9:00~16:30
休館日 :11月中旬~4月中旬
アクセス:弘前駅から車で40分

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
弥生いこいの広場公式ページ

 

 

 

十和田市馬事公苑 駒っこランド

十和田市の郊外にある駒っこランドは馬と気軽に触れ合える子供向け施設です。

園内では乗馬や馬車・餌やりなどが体験できるほか、遊具も多いので子供がのびのびと遊べます。

全国的に珍しい馬の資料館もあるので家族みんなで楽しめると思いますよ。

十和田市馬事公苑 駒っこランド
入場料 :無料 ※体験には料金がかかります
営業時間:8:30~18:00(4/1~10/31)
     8:30~17:00(11/1~3/31)
休館日 :月曜日(祝日除く)・年末年始
アクセス:七戸十和田駅から車で25分

詳しい情報は公式ページをご覧ください。
駒っこランド公式ページ

 

青森への家族旅行の参考に!!

冒頭でも言いましたが青森県には子供向け施設が少ないです。

しかもほとんどが車必須となっています。

車を持たない旅行では少し不便かもしれませんが、車移動可能ならぜひここで紹介した施設で”青森でしか体験できないこと”をやってみてはいかがでしょうか?

もちろん施設以外で山・川・海・湖もありますし、県中央の陸奥湾では磯遊び、十三湖や小川原湖ではシジミ採りもできます。

自然と触れ合う機会を設けるための家族旅行であれば青森県はピッタリの旅行先と言えます。

青森県を家族旅行で訪れた際は豊かな自然に触れつつ、上記でオススメした施設で遊んでみませんか?




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO

青森観光

Posted by uoto