『のへじ北前ラーメン』を食べた感想【独特の味に惹かれます】

2021年3月16日

全国に色んなご当地ラーメンがありますが、青森県野辺地町には一風変わったご当地ラーメンがあります。

それがのへじ北前ラーメン

先日初めて食べたのですが、言葉では上手く言い表せない独特なラーメンでした。



のへじ北前ラーメンとは?

『のへじ北前ラーメン』とは、

①町特産の「かわらけつめい」の微粉末・濃縮液を練り込んだ細縮れ麺。
②町特産ほたてをスープに加える
③スープは黄金色
④トッピングには名物とりめしを彷彿させる「鶏チャーシュー」を使用する

以上の条件を満たしたラーメンになります。

「かわらけつめい」はマメ科の植物で、野辺地町では古くからお茶として飲まれています。

大きな特徴としては、この「かわらけつめい」を練り込んだ麺だということ。

Left Caption

UOTO

どんな味なのか想像もつきませんよね!

 

『のへじ北前ラーメン』を食べた感想

今回『のへじ北前ラーメン』を食べたお店は、過去記事でもご紹介した『さかもと食堂』。

こちらが『のへじ北前ラーメン(700円)』です。

見た目は普通の醤油ラーメンっぽい感じですね。

ホタテ・チャーシュー・わかめ・たまご・メンマ・ネギが入っています。

野辺地産ホタテ

麺には「かわらけつめい」が練り込んであるので、ちょっと茶色っぽい感じ。

 

麺の味は独特で上手く説明できませんが、「お茶を練り込んでいるな」ってのが分かるような味。

苦みなどはありません。

ただちょっと癖があります。

スープはしょっぱめで、醤油とは違う感じの味がします。

Left Caption

UOTO

醤油と塩の中間くらいのスープですかね。

食レポ苦手なんでこれくらいしか言えませんが、普通に美味しいです。

Left Caption

UOTO

ちなみに一緒に行った友人は苦手だそうです。好き嫌いありそうです。

 

漫画にも登場しています

さかもと食堂の方に教えてもらったんですが、この『のへじ北前ラーメン』はなんと漫画にも登場しているそうなんです。

登場している漫画は仁山渓太郎先生の『津軽先輩の青森めじゃ飯!第3巻』

Left Caption

UOTO

しっかりそのまま登場しています。

ぜひみなさんも手に取って確認してみてください。

 

『のへじ北前ラーメン』を食べられるお店

今回は『さかもと食堂』で頂きましたが、『のへじ北前ラーメン』は野辺地町内の4店舗で提供されており、トッピングは店によって違います。

ただし店舗情報がないので、この記事では2店舗だけご紹介します。

さかもと食堂
営業時間
9:00~19:00
定休日
日曜日
ファミリー食堂
営業時間
10:00~20:00
定休日
木曜日
※営業時間などに変更がある可能性もあります。

 

のへじ北前ラーメンは独特の美味しさがあります

初めて『のへじ北前ラーメン』を食べましたが、癖になる独特な味で美味しかったです。

「かわらけつめい」を練り込んでいるということで、健康にもいい?ラーメンだと思います。

Left Caption

UOTO

初めて食べる味だったので、上手く文章で伝えれなくて申し訳ありません。

独特なので好き嫌いはあるかもしれませんが、野辺地町を訪れた際はぜひ『のへじ北前ラーメン』を食べてみてはいかがでしょうか?



UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO