三陸鉄道のフリーきっぷでお得に三陸観光!【普通運賃との比較】

2020年2月23日

転載:三陸鉄道HP

リアス式海岸で有名な三陸海岸を観光する手段として三陸鉄道を利用してみてはいかがでしょうか?

三陸鉄道とは岩手県の沿岸地域を縦断する第三セクター鉄道で、久慈駅~盛駅の163キロを結びます。

震災で大きな被害を受けた地域を走る三陸鉄道は、三陸沿岸地域の希望の鉄道でもあります。

Left Caption

UOTO

三陸鉄道は2019年3月に青い森鉄道を抜いて日本一長い第三セクター鉄道になりました。
Right Caption

アス・パム男

海沿いを走る凄く景色の良い路線だよね!

そんな三陸鉄道には2日間乗り放題の全線フリー乗車券と区間限定で一日乗り放題の1日フリー乗車券(区間別)などのお得なフリーきっぷがあります。

一応他にもあるのですが、今回はこの2つのフリーきっぷに絞りご紹介したいと思います。

三陸沿岸の観光を考えている人や、三陸鉄道に乗ってみたい人は参考にしてみてください。

 

三陸鉄道のお得なフリーきっぷ

転載:三陸鉄道HP

さっそく三陸鉄道のお得なフリーきっぷをみていきましょう。

三陸鉄道には全線フリー乗車券1日フリー乗車券(区間別)があります。

三陸鉄道全線フリー乗車券

全線フリー乗車券三陸鉄道全線(久慈~盛)までを2日間乗り降り自由のフリーきっぷになります。

全線フリー乗車券料金
大人:6100円
子供:3050円

利用できる期間は【土日祝日】となっていますが、休日からの利用で翌日が平日であっても利用可能になっています。※例として日曜日利用開始、平日の月曜日も利用可能

発売場所は三陸鉄道線内の有人駅です。

この全線フリー乗車券1枚で、久慈駅~盛駅間を何度でも往復できてしまいます。

しかも2日間

ただ料金に関してフリーきっぷにしては高めの設定となっているため、久慈駅~盛駅を往復するなら1日で元は取れますが、短距離ならかなり乗らないとお得にならないかもしれません。

そこで短距離観光にオススメのフリーきっぷが【1日フリー乗車券(区間別)】となっています。

 

三陸鉄道1日フリー乗車券(区間別)

先ほどのフリーきっぷは全線乗り放題というものでしたが、こちらの1日フリー乗車券(区間別)決められた区間内であれば1日乗り放題というフリーきっぷになっています。

1日フリー乗車券(区間別)料金
盛~釜石間1日フリー乗車券  1500円
釜石~宮古間1日フリー乗車券 2400円
宮古~久慈間1日フリー乗車券 2600円

利用可能日は【土日祝日】1日のみとなっており、乗り降り可能な区間にも制限があります。

ですが短距離での三陸観光を考えている人にはオススメで、どの区間も往復すれば元を取れてしまうほどお得になっています。

購入場所には要注意で、利用区間内の有人駅でのみ取り扱っています。

1日フリー乗車券の購入可能駅
盛~釜石1日フリー乗車券
盛駅・綾里駅・三陸駅・釜石駅
釜石~宮古間1日フリー乗車券
釜石駅・大槌駅・陸中山田駅・宮古駅
宮古~久慈間1日フリー乗車券
宮古駅・島越駅・田野畑駅・普代駅・陸中野田駅・久慈駅

詳しいフリーパスの情報とその他フリーパスについては三陸鉄道ホームページで。

 

普通運賃との料金比較

三陸鉄道のフリーきっぷがどの程度お得なのか、普通運賃と料金比較してみました。

まずは主要都市間の普通運賃についてみていきましょう。

主要駅間の運賃(片道)
久慈~盛  3780円
久慈~宮古 1890円
久慈~釜石 3050円
宮古~釜石 1540円
宮古~盛  2310円
釜石~盛  1100円

日本一の長さを誇る三陸鉄道だけあって主要駅間の距離が長く、運賃も高めになっています。

これでは岩手沿岸観光はちょっと抵抗がありますよね。

そこでさきほど紹介した三陸鉄道のフリーきっぷを使えばお得に乗れるのです。

全線フリー乗車券の場合

全線フリー乗車券は大人:6100円となっていますので、久慈駅~盛駅の往復(7560円)、もしくは久慈駅~釜石駅の往復(6100円)で元が取れます。

これを2日間で行えばいいのです。

ただし基本的に往復しないと元が取れないので、人によってはお得にならない場合も多いです。

そこで区間別の1日フリー乗車券です。

1日フリー乗車券(区間別)

区間別の1日フリー乗車券は区間内であれば乗り降り自由というフリーきっぷなので、便利で使いやすいかと思います。

では往復運賃との料金を区間別に比較してみましょう。

盛~釜石間1日フリー乗車券  1500円
盛駅~釜石駅間の往復運賃が2200円なので、700円もお得!
釜石~宮古間1日フリー乗車券 2400円
釜石駅~宮古駅間の往復運賃が3080円なので、680円もお得!
宮古~久慈間1日フリー乗車券 2600円
宮古駅~久慈駅間の往復運賃が3780円なので、1180円もお得!

これなら区間は絞られますが全線フリー乗車券よりも価格が抑えられ、観光はもちろんの事、買い物やちょっとしたお出かけにも利用できそうです。

 

三陸鉄道のフリーきっぷをまとめます!

転載:三陸鉄道HP

ここで紹介した2種類のフリーきっぷについてまとめます。

三陸鉄道全線フリー乗車券
詳細
三陸鉄道線内を2日間乗り降り自由!
料金
大人:6100円、子供:3050円
有効期限
2日間
利用可能期間
土日祝日(翌日が平日でも利用可)
発売場所
三陸鉄道線内有人駅

 

三陸鉄道1日フリー乗車券(区間別)
詳細
決められた区間内であれば1日乗り降り自由。
料金
盛~釜石間1日フリー乗車券  1500円
釜石~宮古間1日フリー乗車券 2400円
宮古~久慈間1日フリー乗車券 2600円
有効期限
1日
利用可能期間
土日祝日
発売場所
利用区間内の有人駅

岩手県の三陸沿岸は入り組んだリアス式海岸線が広がり、宮古市の浄土ヶ浜など絶景の観光スポットが多くあります。

また朝ドラで一躍有名になった久慈市やラグビーで盛り上がる釜石市など、特色ある街が多いのも特徴ですね。

そんな絶景スポットと特色ある街を三陸鉄道のフリーきっぷ全線フリー乗車券】【1日フリー乗車券(区間別)を使って観光してみませんか?

きっと三陸の地で良い出会いがあると思いますよ?

Right Caption

アス・パム男

震災や大雨被害から復興が進む三陸を応援しよう!

↓きたいわてぐるっとパスについてはこちらで↓

↓他の岩手県観光にオススメのフリーパスはこちら↓




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO