十和田湖は青森・秋田どっちの県の湖?【県境問題】

2020年5月20日

こんにちは、UOTOです。

さて青森県を代表する観光スポット十和田湖

遊覧船や紅葉、ヒメマス釣りなど多くの楽しみ方がある湖で有名です。

Right Caption

なまはげオジ

ちょっと待った!!十和田湖と言ったら秋田だべ!

そうなんです。

十和田湖は秋田県の観光スポットでもあるのです。

Right Caption

一般の声

じゃあ十和田湖は青森と秋田、どっちの県の湖なの?

そんな疑問にお答えします。



十和田湖は何県?

青森県・秋田県共に観光スポットとされている『十和田湖』。

さっそくどっちの県の湖なのかを結論から言わせてもらいます。

十和田湖は・・・

青森・秋田両方の県の湖です!!

Right Caption

なまはげオジ

はっ?
Right Caption

一般の声

はっ?

みなさん「はっ?」って思うでしょうが、実際にそうなんです。

正式には青森:6、秋田:4の割合。

なぜこうなってしまったかを解説します。

十和田湖が分けられるまでの経緯

事の発端は1871年の廃藩置県に遡ります。

県境引かれた際に陸上部分については分けられていましたが、問題だったのが十和田湖面上の境界。

さすがに湖の上に県境を引くことはできず、「東岸は青森ね、西岸は秋田ね」って感じで大雑把な分けられ方をしていたそうです。

何が問題なのかというと漁業権だとかお金の問題、さらには十和田湖の面積が宙に浮くという問題も。

そこで青森県十和田湖町(現:十和田市)と秋田県小坂町が長らく協議してきたのですが、やはり領土問題。

お互いが譲るわけもなく、話し合いは平行線に。

しかしお互いに十和田湖を守りたいという気持ちは一緒で、早く県境を決めて協力しながら十和田湖の保全に努めようと思ったのでしょう。

Left Caption

UOTO

これは青森県庁ホームページ内にある会見文書から伝わってきます。

2008年に県境策定に向け大きく前進し、2008年12月25日の官報告示で青森6:秋田4という湖面上の境界線が確定しました。

これにより宙に浮いていた十和田湖分の面積が増え、青森県約2400万円、十和田市約1600万円、秋田県約1600万円、小坂町約1100万円の地方交付税が配分されました。

この交付税は本来使い道は自由ですが、特例として両県・両市町が協力し十和田湖保全に活用すると決定。

約140年の時を経て平和的に県境問題が解決したわけです、めでたしめでたし。

 

十和田湖の県境

では十和田湖がどのように分けられたかを簡単に説明しましょう。

『十和田湖の北側にある御鼻部山の頂上から、桃ノ沢河口と87林班東端の中間点を直線で結び、南側は神田川河口を県境とする』とありますので、こういうことだと思われます。

面積が61.02㎢の十和田湖は、青森県十和田市に36.61㎢、秋田県小坂町に24.41㎢割り振られた形になります。※Wikipediaより

 

十和田湖は青森県と秋田県両方の湖です!

色々な事があったにせよ、十和田湖は青森県と秋田県、両方の湖ってことになります。

Left Caption

UOTO

正式には青森6:秋田4という割合なので覚えておいてください。

どんなに対立しても十和田湖を守りたいという気持ちが同じだったからこそ、最終的に県境の合意に至ったわけで、これは全国各地に残る県境問題解決への教科書になってほしいと思います。

Right Caption

なまはげオジ

十和田湖さ行けば青森と秋田両方に旅行行ったことにもできるな。
Left Caption

UOTO

そうです!十和田湖では青森と秋田、2つの県のお土産や食べ物が手に入るんですよ!

グーグルマップを見て頂ければ分かりますが、休屋地区を歩いていると青森と秋田を簡単に行き来できます。

現在は両県が協力し合って、十和田湖の観光PRや環境整備を行っています。

青森と秋田が県境問題に揺れながらも大切に守ってきた十和田湖へぜひお越しください。




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の30歳。

【青森をもっと元気に!】を目標に大好きな青森県でブロガーとして頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO×タマ画伯