津軽観光なら『津軽フリーパス』がおすすめ!【料金比較や購入場所】

・津軽観光に便利なフリーパスはないの?
・津軽の観光をお得に楽しみたい!

って方にオススメなのが、津軽フリーパスです。

JR・弘南鉄道・津軽鉄道・弘南バスのフリーエリアが2日間乗り放題というお得な切符です。

大人:2100円
小児:1050円

そんな津軽の観光やビジネス利用におすすめの津軽フリーパスについて書いていきます。


津軽フリーパスについて

津軽フリーパスは、津軽地域のJR・弘南鉄道・津軽鉄道・弘南バスのフリーエリアが2日間乗り放題のフリーパスです。

津軽フリーパスの料金
大人:2100円
小児:1050円

利用可能期間の設定はなく、とにかく2日間乗り放題

Left Caption

UOTO

かなりお得ですね!!

 

津軽フリーパスの利用可能エリア

津軽フリーパスの利用可能エリア
JR
奥羽本線 青森~碇ヶ関
五能線  川部~五所川原
弘南鉄道
大鰐線 中央弘前~大鰐
弘南線 弘前~黒石
津軽鉄道
津軽五所川原~金木
弘南バス
一部路線を除く、弘前市内の路線・循環バス
弘前バスターミナル~西目屋村役場
弘前バスターミナル~碇ヶ関駅前
弘前バスターミナル~黒石駅前
弘前バスターミナル~嶽温泉
弘前バスターミナル~黒石経由~大川原
黒石駅前~虹の湖公園
黒石市内循環バス ぷらっと号
五所川原市内循環バス

鉄道だけでなくバス路線も利用可能なので、津軽を広く観光するにはぴったりのフリーパスです。

合わせて読みたい!

 

使用時の注意点

・JRリゾートしらかみ号を利用する際は、指定席券が必要。
・特急を利用する際は乗車券・特急券が必要。
(青森~新青森間はフリーパスのみでOK)
・津軽鉄道のストーブ列車を利用する場合は、乗車券・ストーブ列車券が必要。

その他注意点はJR東日本のホームページをご覧ください。

 

津軽フリーパスはどのくらいお得?

津軽フリーパスの料金
大人:2100円
小児:1050円

津軽フリーパスがどのくらいお得なのか、普通運賃との料金を比較してみましょう。

下記は主要駅間の運賃です。

主要駅間の運賃(片道)
青森~弘前   ¥680 往復 ¥1360
青森~五所川原 ¥990 往復 ¥1980
弘前~五所川原 ¥510 往復 ¥1020
弘前~黒石   ¥470 往復 ¥940
弘前~大鰐温泉 ¥240 往復 ¥480
五所川原~金木 ¥560 往復 ¥1120

となっています。

2つの都市を往復するだけなら通常の乗車券の方が安いですが、2日間で複数の都市を回る場合は津軽フリーパスの方がお得です。

津軽フリーパスの使い方例
1日目
青森→五所川原→金木→五所川原→弘前(合計¥2620)
2日目
弘前→黒石→弘前→大鰐温泉→弘前→青森(合計¥2100)
2日間合計:¥4720 お得額:¥2620

この他に移動手段としてバスも使うのであれば、さらに津軽フリーパスのお得度が増していきます。

Left Caption

UOTO

フリーパス提示で食事割引や様々なサービスを受けることもできるみたいです。詳しくは津軽なびをご覧ください!

 

津軽フリーパスの買い方

津軽フリーパスは、青森県内のフリーエリア内と秋田県内(十和田南駅、鹿角花輪駅を除く)にある

・JR東日本みどりの窓口
・指定席券売機設置駅
・びゅうプラザ
・主な旅行会社

で購入することができます。

詳しくはJR東日本のホームページをご覧ください。

出典:津軽なび

特典の『津軽フリーパス専用ガイドブック』は、フリーエリア内のみどりの窓口及びびゅうプラザで購入した方のみに配られるようです。

それ以外で購入した場合は、フリーエリア内のみどりの窓口、びゅうプラザ及び弘前市観光案内所(弘前駅1F)にて、津軽フリーパスを提示してもらってください。



 

津軽フリーパスまとめ

津軽観光にオススメの津軽フリーパスについてまとめます。

津軽フリーパス
料金
大人:2100円
小児:1050円
発売場所
青森県フリーエリア内、秋田県内(十和田南駅、鹿角花輪駅を除く)及び深浦駅、鯵ヶ沢駅にあるみどりの窓口、指定席券売機設置駅、びゅうプラザ、主な旅行会社
発売期間
通年
利用可能期間
通年
有効期限
2日間
利用可能エリア
JR奥羽本線 青森~碇ヶ関
JR五能線  川部~五所川原
弘南鉄道 大鰐線・弘南線
津軽鉄道 津軽五所川原~金木
弘南バス
一部路線を除く、弘前市内の路線・循環バス
弘前バスターミナル~西目屋村役場
弘前バスターミナル~碇ヶ関駅前
弘前バスターミナル~黒石駅前
弘前バスターミナル~嶽温泉
弘前バスターミナル~黒石経由~大川原
黒石駅前~虹の湖公園
黒石市内循環バス ぷらっと号
五所川原市内循環バス

津軽フリーパスを使えば、鉄道とバスを使って津軽観光をお得に楽しむ事ができると思います。

通年販売の2日間の有効なので、ぜひ津軽フリーパスを利用してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい!




UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の32歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
趣味で釣りしますが、かなり下手(笑)
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO