女性の一人旅行ならストレスオフ県ランキング5位の青森へ!!【オススメスポットをご紹介】

2020年3月29日

近年、女性の一人旅行が増えていると言われています。

旅する女性の中には純粋に旅行が好きという人の他にも、「仕事に疲れた」「失恋した」「辛いことがあったからリフレッシュしたい」と旅行をする人が多く、がやがやした都会よりも静かな田舎の方が選ばれる傾向です。

2019年、オフラボが全国の20~69歳までの女性7万人を対象に「ココロの体力測定」を行い、ストレスオフ度を推定したストレスオフ県ランキングでは上位10県全てが地方の県という結果になりました。

つまり都会よりも田舎の方が女性にとってストレスオフ・リフレッシュしやすいという事なのです。

その中で2019年のストレスオフ県ランキング第5位に青森県がランクインしています。

東日本では唯一の上位ランクで女性にとって青森県は過ごしやすい県となっているようで、のんびり旅したい女性の一人旅行にもオススメできます。

Right Caption

アス・パム男

青森が東日本で唯一!?静岡は?
Left Caption

UOTO

静岡はちょうど境目だから・・・細かいことは気にしない!

そんなストレスオフ県ランキング第5位:青森県から、女性の一人旅行にオススメのストレスオフスポットをご紹介します。




 

女性の一人旅行にオススメのスポット

正直言うと、なぜ青森がストレスオフ県ランキング第5位なのか詳しい理由は不明です。

しかし青森は自然も多く、女性にとっても魅力的な観光地が多いことでも知られています。

そういった観光地が身近にあることが、ストレスオフに繋がっているのかもしれません。

そこで女性の一人旅行にオススメのストレスオフスポットを一つずつ見ていきましょう。

奥入瀬渓流

まず女性の一人旅行にオススメしたい青森の観光スポットが、奥入瀬渓流になります。

奥入瀬渓流は、渓流の流れ・滝・奇岩などが見どころの14キロにわたる観光地です。

近年では苔ブームもあり、苔ガールなどの女性観光客がかなり増えています。

渓流沿いをゆっくり散策することで、川のせせらぎと木々の香りで気持ちがリフレッシュするはずですよ。

女性人気の高い奥入瀬の苔玉

奥入瀬渓流を訪れる女性に人気が高まっているのが奥入瀬渓流での苔玉作りです。

苔玉とは植物の根を土で包みその表面に苔を張り付けたもので、見た目が可愛らしいとSNSなどでも話題だそうです。

詳しくは奥入瀬モスボール工房ホームページをご覧ください。

 

こちらの奥入瀬渓流散策の見どころと楽しみ方では奥入瀬渓流の見どころや楽しみ方をご紹介しています。

 

 

ねぶたの家 ワ・ラッセ

ねぶたの家 ワ・ラッセは、実際に夏に運行した受賞したねぶたを展示している施設で、ねぶたの世界観を体験できます。

毎年ねぶたを入れ替えるので、毎年行っても飽きません。

ちょっと心が弱っている時にワ・ラッセを訪れれば、ねぶたの世界観に圧倒されて心が高ぶると思います。

ねぶたの家 ワ・ラッセ
営業時間
5/1~8/31(夏季) 9:00~19:00
9/1~4/30(冬季) 9:00~18:00
休館日
8/9、8/10、12/31、1/1 
料金
大人 620円 高校生 460円 小中学生 260円

 

美術館巡り

青森県には青森市の青森県立美術館十和田市の十和田市現代美術館と個性的な2つの美術館があります。

県立美術館では世界的な画家・彫刻家である奈良美智さんの作品や、フランスの画家マルク・シャガールによる大作「アレコ」などが展示してあります。

現代美術館ではロン・ミュエクの「スタンディングウーマン」など世界各国のアーテイストの作品が展示してあります。

館内に入らなくとも、野外にも草間彌生さんなどの作品が多く展示してあります。

美術館ごとに特徴がありますので、気持ちをリフレッシュする意味でも青森県内の美術館を巡って見ませんか?

青森県立美術館
営業時間
(6月~9月)9:00~18:00
(10月~5月)9:30~17:00
休館日
第2・第4月曜日
料金
大人 510円 大学・高校 300円 小中学生 100円
企画展は別料金
ホームページ
http://www.aomori-museum.jp/ja/

十和田市現代美術館

営業時間
9:00~17:00
休館日
月曜日
料金
常設展:大人520円 企画展:800円 ※高校生以下無料
ホームページ
http://towadaartcenter.com/

 

十二湖

江戸時代の大地震によって誕生したと言われている33の湖沼群の総称が十二湖です。

特にオススメなのが、青いインクを使ったような青さが特徴の青池

画像では分かりづらいですが、かなりのブルー色です。

一帯は世界遺産でもある白神山地なので、ブナ林での森林浴と十二湖鑑賞で日ごろのストレスもどこかに飛んでいくはずです。

十二湖
期間
4月~11月

 

みろく横丁

お酒好きの女性にオススメしたいのが八戸市のみろく横丁です。

地元客のみならず観光客もウェルカムな観光横丁となってます。

座席数も1店舗当たり10席前後と少なめなので、隣のお客さんや店主との会話が可能です。

一帯には他にも昔ながらの横丁が点在しているので、ストレス解消に飲み歩きなんかもいいかもしれませんね。

こちらの八戸の夜は横丁で飲み歩こう!でも八戸の横丁の魅力をご紹介しています。

 

弘前街歩き

女性の一人旅行には弘前街歩きはいかがでしょうか。

弘前は昔ながらの城下町の建物と明治・大正の雰囲気を残る建造物が多く、街歩きにはオススメの街です。

庶民で初めてコーヒーを飲んだことから「コーヒーの街」とも言われ、昔ながらの喫茶店も多く残っています。

一つ一つの観光地がそこまで離れていないため、のんびり歩きながらリフレッシュできると思います。

こちらの弘前街歩きで魅力を発見!でも弘前の街歩きでぜひ見て欲しいスポットをご紹介しています。

 

女性の皆さん!青森に来ればストレスオフできますよ!

女性の一人旅行で人気なのは大自然の広がる北海道ですが、ここ青森県もぜひ注目していただければと思います。

たぶん青森に行った事があるという女性は少ないと思いますが、北海道に負けないくらいの自然と知られざる魅力も多く、きっとストレスオフできるはずです。

Right Caption

アス・パム男

なんだったら北海道とセットで!

「ちょっと都会に疲れたな・・・」「自然に囲まれながら休みを過ごしたい!」と思ったのなら、ストレスオフ県ランキング第5位の青森へお越しください。

あのリゾート運営で有名な星野リゾートでも「女性の一人旅行」を推進しているようです。

こういった一人旅プランを利用すれば女性一人でも安心ですね。

Right Caption

りんご女

私も泊まろっと!!

ちなみに星野リゾートが運営するホテルは青森県内にもありますので参考にしてみてください。

青森県の星野リゾート一覧

 

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の30歳。

【青森をもっと元気に!】を目標に大好きな青森県でブロガーとして頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO×タマ画伯