女子旅するなら青森県がオススメ!!【訪れて欲しいスポットをご紹介】

女子旅をお考えのみなさん、旅行先に青森県を選んでみてはいかがでしょうか?

「え~青森県?」と思う人も多いかと思いますが、青森県は自然や温泉が多く、日ごろの疲れを癒したい女性にはオススメの観光地です。

この記事では、女子旅をお考えのみなさんに青森の魅力をお届けしようと思います。



青森県は女子旅にオススメ!

近年、女性の一人旅や友人連れの女子旅が増えていると言われています。

旅する女性の中には、純粋に旅行が好きという人の他にも「仕事に疲れた」「失恋した」「辛いことがあったからリフレッシュしたい」と思う人が多くいそうです。

そんな疲れた気持ちを入れ替えたいのであれば青森県がオススメ

2019年オフラボが全国の20~69歳までの女性7万人を対象に「ココロの体力測定」を行い、ストレスオフ度を推定したストレスオフ県ランキングでは、青森県が第5位にランクインしています。

Left Caption

UOTO

北海道・関東東北では唯一です

つまり女性にとって青森県は過ごしやすい県となっているようで、だからこそ青森県は女子旅にもオススメなのです。

 

女子旅で訪れて欲しいスポット

青森県は女性にとって魅力的なスポットが多いです。

好きな事別にまとめましたので、女子旅の参考にしてみてください。

自然好きな女性向け

奥入瀬渓流

まず女子旅でオススメしたい青森の観光スポットが、『奥入瀬渓流になります。

奥入瀬渓流は、渓流の流れ・滝・奇岩などが見どころの14キロにわたる観光地です。

渓流沿いをゆっくり散策することで、川のせせらぎと木々の香りで気持ちがリフレッシュするはずですよ。

Left Caption

UOTO

近年では苔ブームもあり、苔好きの女性観光客が奥入瀬の苔を求めてかなり増えています!

奥入瀬渓流を訪れる女性に人気が高まっているのが奥入瀬渓流での苔玉作り

苔玉とは、植物の根を土で包み、その表面に苔を張り付けたもので、見た目が可愛らしいとSNSなどでも話題だそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chiyoko Tasima たしまおかん(@chiyokotasima)がシェアした投稿

詳しくは奥入瀬モスボール工房ホームページをご覧ください。

合わせて読みたい!

 

十二湖

江戸時代の大地震によって誕生したと言われている33の湖沼群の総称が『十二湖です。

中でも人気なのが、青いインクを使ったようなコバルトブルーが特徴の『青池

画像では分かりづらいですが、かなり透明感のあるブルーです。※インスタを参考にしてください

Left Caption

UOTO

イッテQの温泉同好会でも訪れたスポットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

かいと@日本一周・完(@kaito_ozak)がシェアした投稿

一帯は世界遺産でもある白神山地なので、ブナ林での森林浴と十二湖鑑賞で日ごろのストレスもどこかに飛んでいくはずですよ。

 

祭り好きな女性向け

ねぶたの家 ワ・ラッセ

ねぶたの家 ワ・ラッセ』は、実際に運行した大型ねぶたを展示している施設で、ねぶたの世界観を体験できます。

ちょっと心が弱っている時にワ・ラッセを訪れれば、ねぶたの世界観に圧倒されて心が高ぶると思います。

Left Caption

UOTO

跳人体験とかもできるので、一年中ねぶたを体感ができます!
ねぶたの家 ワ・ラッセ
営業時間
5月~8月 9:00~19:00
9月~4月 9:00~18:00
休館日
8/9、8/10、12/31、1/1 
料金
大人 620円
ホームページ
http://www.nebuta.jp/warasse/

 

五所川原立佞武多の館

五所川原立佞武多の館は、夏に運行される立佞武多を展示している施設です。

高さ23メートルにもなる立佞武多をそのまま展示しているので、その迫力に圧倒されることでしょう。

Left Caption

UOTO

体験コーナーも充実していますよ!
五所川原立佞武多の館
営業時間
4月~9月   9:00~19:00
10月~3月 9:00~17:00
休館日
1/1 
料金
大人 650円
ホームページ

http://www.tachineputa.jp/

 

美術館好きな女性向け

青森県立美術館

 

美術館好きな女性には、青森市の『青森県立美術館がオススメ!

県立美術館には世界的アーティストである奈良美智さんの作品や、フランスの画家マルク・シャガールによる大作「アレコ」などが展示してあります。

高さ8.5mの美術館シンボル『あおもり犬』は可愛いと評判です。

Right Caption

アス・パム男

インスタでも結構投稿されていますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOKYO LUXEY(@tokyoluxey)がシェアした投稿

青森県立美術館
営業時間
(6月~9月)  9:00~18:00
(10月~5月)9:30~17:00
休館日
第2・第4月曜日
料金
大人 510円  ※企画展は別料金
ホームページ
http://www.aomori-museum.jp/ja/

 

十和田市現代美術館

最近人気が高まっているのが、十和田市にある十和田市現代美術館

ロン・ミュエクの『スタンディングウーマン』など、世界各国のアーテイストの作品が展示してあります。

屋外にも草間彌生さんなどの作品が多く展示してあり、周辺散策にもピッタリです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

平沼日菜子(@risu_kana_)がシェアした投稿

十和田市現代美術館
営業時間
9:00~17:00
休館日
月曜日
料金
常設展:大人520円 企画展:800円 
ホームページ
http://towadaartcenter.com/

弘前れんが倉庫美術館

 

この投稿をInstagramで見る

 

まさと🐬(@masa_env)がシェアした投稿


2020年7月にオープンした新しい美術館弘前れんが倉庫美術館

大正時代に建設された元シードル工場:吉野町煉瓦倉庫を改修した美術館で、弘前出身の世界的アーティスト奈良美智さんの作品など多く展示されています。

雰囲気もオシャレなので、女子旅にはぴったりのスポットになります。

弘前れんが倉庫美術館
営業時間
9:00~17:00
休館日
火曜・年末年始
料金
展覧会により観覧料が異なる
ホームページ
https://www.hirosaki-moca.jp/

 

飲み食いが大好きな女性向け

みろく横丁

お酒好きの女性にオススメしたいのが、八戸市のみろく横丁です。

地元客のみならず、観光客もウェルカムな観光横丁となってます。

座席数も1店舗当たり10席前後と少なめなので、隣のお客さんや店主との会話が可能です。

Left Caption

UOTO

一帯には他にも昔ながらの横丁が点在しているので、飲み歩きなんかもいいかもしれませんね。

 

八食センター

鮮魚店や乾物店など約60店舗が入った大型市場八食センター

市場で買った魚介をその場で焼いて食べられる七厘村や、新鮮な海鮮丼や寿司を食べられる飲食店街もあります。

八戸及び三陸の美味しい魚介類が豊富なので、お土産探しやランチにもオススメです。

八食センター
営業時間
9:00~18:00
休館日
水曜
ホームページ
https://www.849net.com/calendar/

 

街歩きが好きな女性向け

弘前

街歩きメインの女子旅には『弘前がオススメ!

弘前は昔ながらの建造物が多く、またカフェやオシャレなお店も多いため、街歩きが楽しい街です。

また『リンゴの街』である弘前には40店舗以上のアップルパイのお店があるので、食べ比べてみるのも面白いと思います。

合わせて読みたい!

 

温泉好きな女性向け

浅虫温泉

東北の熱海と呼ばれている温泉街浅虫温泉

日帰り入浴可能な温泉はもちろん、水族館や海水浴場などもあるので、ゆっくりとした時間を過ごせると思います。

Left Caption

UOTO

毎日行われる浅虫水族館のイルカショーは圧巻ですよ!
合わせて読みたい!

 

下風呂温泉

古くから下北半島を代表する湯治場として親しまれていた下風呂温泉も、温泉好き女子にオススメ!

交通の便は悪いですが、それもまた秘境感があり面白いと思います。

どこか懐かしい雰囲気の温泉街なので、ゆっくりとした時間を過ごせるはずです。

下風呂温泉
ホームページ

https://www.shimohuro.com/

 

星野リゾート

 

この投稿をInstagramで見る

 

関小百合/キャリアコンサルタント(@careerconsultantseki)がシェアした投稿

女子旅思いっきり楽しむなら、星野リゾートもオススメ!!

青森県には3つの星野リゾートがありますが、中でも三沢市にある『青森屋』は、青森の文化を丸ごと体感できるホテルになっており、あれこれ行かなくても青森屋一つで女子旅を楽しむこともできます。

Left Caption

UOTO

浮湯・元湯・ひば湯・足湯と複数の温泉を楽しめるのも魅力!



青森の女子旅で素敵な思い出作りませんか?

青森県は女子旅にオススメのスポットがたくさんあります。

美味しい物を食べ、温泉に入って、自然に触れる。

青森に来れば素敵な思い出ができるはずです。

北海道もいいけれど、青森という選択肢も考えて頂ければ幸いです。

 

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO