布マスクのメリット・デメリット【感染症や花粉症予防にも!】

2020年8月5日

こんにちは、UOTOです。

さて新型コロナが猛威を振るい、普通のマスクが手に入らなくなっている中、注目を浴びているのが布マスク

一時期手作り布マスクが流行りましたが、話題の『アベノマスク』の影響で再び注目を浴びるようになりました。

布マスクに対し「効果はあるの?」「ちょっとダサい・・・」など色々な意見がありますが、ここでは布マスクのメリット・デメリットを考えてみようと思います。



布マスクのメリット

まずは布マスクのメリットから見ていきましょう。

付けないよりかは良い?

まず普通のマスクと呼ばれているのは不織布マスクで、不織布を何枚か重ね合わせたり一枚を立体的にしたものです。

なのでフィルタ部は、花粉や飛沫などを通しにくいと言われています。

しかし布マスクは不織布マスクとは違い、目が粗く飛沫を完全に防ぐことはできないそうです。

そう聞くと「意味ないのでは?」と思ってしまいますが、実は普通の不織布マスクもウイルス対策として100%ではありません。

感染している人が自分の飛沫を抑えるのに効果があるだけで、健康な人が付けても他からのウイルスを完全に防げることではないそうなのです。

引用:日本衛生材料工業連合会 全国マスク工業会

つまりどっちもどっち。

もちろん不織布マスクの方が明らかに高性能ですが、布マスクを付けるメリットとしては「他の人に移さないことや直接口や鼻に触れる事を防ぐこと

何も付けないよりかは飛沫を防げるわけだし、口を覆う事で直接手で触れる事を防ぎます。

正直気休めかもしれませんが、一応付けた方が感染症予防としていいわけなのです。

 

洗って繰り返し使える?

布マスクのメリットとして、洗って繰り返し使える事です。

なので布マスクを複数枚用意しておけば、当分は買わなくても大丈夫。

不織布マスクも安いとはいえ、毎日使っていればあっという間になくなってしまいますが、布マスクは洗って使えるので経済的!

しかし布マスクを洗う際に注意しないといけないのが、衛生面です。

普通の洗濯物と一緒に洗うのは、感染予防として間違っているそうです。

そこで大切なのが【布マスクだけを洗う】【次亜塩素酸ナトリウムを使う】【洗っている最中は直接触れない】ということ。

厚生労働省のホームページに、

0.05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭きましょう。トイレや洗面所の清掃をこまめに行いましょう。清掃は、市販の家庭用洗剤を使用し、すすいだ後に、0.1%の次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用消毒剤を使用します。

引用:厚生労働省 新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項

と書いてありましたが、次亜塩素酸ナトリウムつまり衣料用漂白剤(ハイター・ブリーチ)がウイルスの不活性化に効果があるとのこと。

なので洗う際は洗濯機に入れるのではなく、バケツなどにハイターを薄めて入れ、直接触れないように手袋などを履いて洗うといいでしょう。

 

比較的手に入りやすい?

一時的ではありましたが不織布マスクは手に入りにくくなりましたよね。

しかし布マスクなら比較的手に入りやすく、なんだったら自分でも作ることができるのでマスク不足でも安心です。

楽天市場でも多く売られていました。

これから先、再びマスク不足が来るかどうか分かりませんが、万が一のためにも布マスクは持っていた方がいいのかもしれませんね。

Left Caption

UOTO

マスクは毎日使う物なので、経費削減の意味でも私は布マスクを使っています。

種類やサイズも様々ありますので、ぜひご覧ください。

 

布マスクのデメリット

次に布マスクのデメリットを見ていきましょう。

布マスクはどちらかというとデメリットの方が多いかもしれません。

布マスクの効果は薄い?

さきほど「付けないよりかは良い」と言いましたが、付けないよりかは良いだけで感染症などを防ぐ効果は薄いと言われています。

布マスクは織り目が大きいため飛沫などを抑える効果は薄く、しかもちゃんと洗わないと衛生的にも良くない。

介護や医療の現場でも使用したマスクは原則捨てなければなりませんので、洗えるからといって布マスクを使いまわすこともできません。

WHO(世界保健機関)も布マスク使用について「いかなる状況においても勧めない」と明言しています。

布マスクを付けているから安心ということにはならないのです。

しかしメリットでもお話しした通り、自分の飛沫や直接触れることなどを多少防ぐことは可能なので、普通のマスクがないのであれば付けた方がいいと思います。

また普通のマスクを持っている人でも、ちょっとの用事だったら布マスクなどと使い分ける事もオススメします。

 

布マスクはダサい?

マスクを着用しない友人に「布マスクでも付けたら?」と聞いたら、だってダサいじゃんという返答が。

確かにその通りで、ネットの意見もみていると「布マスクはダサい」「ブリーフみたい」という意見が多く挙げられていました。

安倍総理が国会で布マスクをしているのをテレビでよく見ますが、ちょっと違和感がありますよね。

でもダサいと言っていられない状況ですので、普通のマスクがない場合は我慢して布マスクを付けることをオススメします。

花粉症や普通の風邪で咳をしても、周りから「んっ?」って思われる事も多いご時世なので、咳エチケットとしても一応付けましょう。

 

布マスクは息苦しい?

布マスクは暑苦しいという意見がありましたが、私は一概にそうとは言い切れないと思います。

確かに布って聞いただけで暑苦しいイメージはあるものの、実際に付けてみると普通のマスクと大して変わらない気も。

あとは素材や生地の厚さにもよるので、暑苦しいと感じる方は付けてみて暑苦しくないマスクを選ぶといいと思います。

暑いからと外してしまっては意味ないですからね・・・。

 

仕事で使えない?

外出している時ならいいのですが、柄や色の付いた布マスクは仕事では使えないことが多くあります。

特に接客業などではそうみたいです。

なので仕事の間だけでも白い布マスクを付けなきゃいけないので、ちょっとめんどくさいと思う人もいるかもしれません。

また介護などの現場ではそもそも布マスク禁止だったりするので、仕事ではあまり使えないのかもしれません。

 

可愛い・オシャレな布マスク

布マスクのデメリットである「ダサい」と言われる布マスクですが、実は可愛い・オシャレな布マスクも多くあります。

例えばこちらの布マスク。

Left Caption

UOTO

オシャレですよね、モデルもイケメンで・・・(笑)

でも新型コロナが流行ってからは、こういったオシャレな柄付きマスクが急激に増えました。

柄付きマスクなら外出先でも「布マスク」ということを感じさせずに過ごせると思います。

仮に収束してもファッションの一部として取り入れる事もできるはずです。

子供用の可愛いマスクもありました。

小さい子供なら、柄なしよりは柄付きの方が喜ばれると思います。

この他にもたくさん売られていますが紹介しきれません・・。

今までは中国産マスクが多く出回っていましたが、今は国産の布マスクが多くなっている印象です。

夏場のマスクは暑苦しいので、冷たく感じる冷感マスクが人気となっています。

 

普通のマスクがなければ布マスクを付けよう!

新型コロナが発生して数か月経ち、マスク不足もほぼ解消されています。

しかし、いつまたマスク不足が起こるか分かりませんし、毎日使う物なので意外とお金もかかります。

だからといって付けないのは危険。

そこで布マスクです。

確かに普通の不織布マスクよりはメリットが少ないですが、付けないよりだったら布マスクを付けた方が全然良いです。

布マスクのメリット
洗って使えばお金も浮く
他の人への飛沫を多少抑える
直接口や鼻に触れる事を防ぐ
など

花粉症の方もマスクがないからと我慢するのではなく、オシャレな布マスクもありますので予防しましょう。

私も一応作ってみました・・・。エヴァマスク(笑)布ではなく、綿マスク。

布マスクについて賛否はあるかと思いますが、感染予防・咳エチケットのためにも付ける事を心がけましょう。




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO