青森県産ふじを使った『わくどら』が美味い【りんごのどら焼き】

『りんごのどら焼き』

みなさんは食べたことがありますか?

全国各地に「りんごのどら焼き」ってあると思います(調べると結構出てくる)が、今回ご紹介するのは青森県産ふじを使ったわくどらという商品。

県産品PR用キャッチフレーズ【青森の正直】に認定されている、正式な青森のお土産です。



 

りんごのどら焼き『わくどら』

こちらがわくどらです。

お土産用として作られたどら焼きなので、一個ずつ包装されています。

価格:1個200円前後

りんごのどら焼きわくどらは、八戸市の【八戸十全物産】が製造しています。

「わくわくしちゃうどら焼き」というキャッチフレーズが付いています。

 

『わくどら』の特徴は、角切りした青森県産ふじを使用しているってこと。

りんごのどら焼きといえば、りんご餡やリンゴジャムを使用したものが多いですが、角切りりんごを使用しているのは珍しいのではないでしょうか?

袋を開けてみます。

パッと見は普通のどら焼きです。

袋を開けた瞬間、りんごの香りがぶわっと出てきます。

断面を見てみましょう。

分かりますか?

予想以上にリンゴの角切りが詰まっていました。

Left Caption

UOTO

ぱっと見、餡よりも多い気がする・・・さすが【青森の正直】!!

 

りんごのどら焼き『わくどら』の味は?

先ほども言った通り、一般的なりんごのどら焼きってりんご餡やリンゴジャムを使ったものが多いです。

対してこちらの『わくどら』は、粒餡+角切りりんご

Right Caption

一般の声

合わないのでは?

なんて思っている人も多いことでしょう。

 

気になる『わくどら』の味ですが、普通に美味しいです。

一口食べた瞬間、リンゴの酸味と粒餡の甘みが口の中で広がります。

角切りりんごはシャリシャリと食感があり、ちょっと不思議な感じ。

果物系どら焼きは餡の味と甘みが強くて果物が負けがちですが、『わくどら』は圧倒的にりんご感が強め。

粒餡感はほとんどないので、餡子が苦手な人でも食べられると思います。

Left Caption

UOTO

普通のどら焼きをイメージせずに、りんごのお菓子だと思った方がいいかも?



 

青森のりんごどら焼き『わくどら』をぜひご賞味あれ

りんごのどら焼きわくどらは、りんご感強めの美味しいどら焼きです。

・青森県産ふじの角切り使用
・餡子よりりんごが強い
・シャリシャリ感も味わえる
・【青森の正直】認定商品

賞味期限も2か月(メーカーサイトより)と日持ちするので、お土産だけでなくお供え用のお菓子にもピッタリ。

県内の道の駅、お土産店などで取り扱いしていますが、ネットでも購入可能です。

わくどら
価格
1個:200円前後
6個:1300円前後
販売場所
道の駅、お土産店、一部スーパー、ネット通販など

UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の33歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。

趣味で釣りします。
できるだけお金をかけずに楽しんでます。

Twitterのフォローもお願いします。

UOTOのTwitterアカウント

YouTubeで釣り動画をあげてます。チャンネル登録お願い致します。

YouTube【うおとぶいろぐ】