八戸から函館行くなら『海峡ゆったどきっぷ』がおすすめ!【料金比較】

2022年1月5日

・八戸から函館へ安く行く方法はないの?
・新幹線を使わないで八戸から函館に行きたい!

そんな八戸市民におすすめなのが海峡ゆったどきっぷです。

海峡ゆったどきっぷは、津軽海峡フェリーと青い森鉄道の片道乗車券がセットになったお得なきっぷで、八戸から函館までなんと3900円

新幹線や普通にフェリーで行った場合とどのくらいお得なのかを比較し、ご紹介したいと思います。


海峡ゆったどきっぷについて

『海峡ゆったどきっぷ』とは、青い森鉄道(八戸駅~青森駅)と津軽海峡フェリー(青森FT~函館FT)の片道運賃がセットになった切符です。

記事タイトルでは八戸から函館と言いましたが、八戸駅以外にも三沢駅・野辺地駅・浅虫温泉駅からでも利用できます。

 

海峡ゆったどきっぷの料金は、

八戸駅~函館:3900円(1950円)
三沢駅~函館:3500円(1750円)
野辺地駅~函館:2900円(1450円)
浅虫温泉駅~函館:2400円(1200円)
※大人片道
※()は小児

となっており、かなりお得です。

Left Caption

UOTO

もちろん函館市民が青森を観光したいときにも使えます!

 

八戸~函館の料金比較

では『海峡ゆったどきっぷ』がどのくらいお得なのかみていきます。

 

新幹線の場合

八戸から函館(新函館北斗駅)まで新幹線を利用した場合、

・八戸駅~新函館北斗駅 1万1000円
※目安です

と1万円以上かかります。

しかし海峡ゆったどきっぷを使うと、約1/3の3900円で行けちゃうんです。

もちろん時間だけで見ると1時間ちょっとで着く新幹線に軍配は上がりますが、時間をかけてでも少しでも安い方法で行きたいってときは、海峡ゆったどきっぷがおすすめです。

函館までの所要時間(八戸~函館)
・新幹線 約1時間30分
・鉄道+フェリー 約5時間30分
※待ち時間含めず

 

普通に行った場合

では次に、八戸から普通に鉄道とフェリーを使った場合と比較します。

八戸駅~青森駅 2320円
青森FT~函館FT 2260円(A期間)
合計:4580円

津軽海峡フェリーはABCと期間によって料金が変わりますが、安いA期間と比較した場合でも『海峡ゆったどきっぷ』の方が680円もお得になっています。

一番高いC期間(3250円)と比べた場合は、1870円もお得になります。

もっと言えば浅虫温泉駅(2400円)や野辺地駅(2900円)から利用した場合は、C期間のフェリー料金(3250円)よりも安くなってしまうんです。

Left Caption

UOTO

とにかく青い森鉄道を利用した方がお得ってことですね!



海峡ゆったどきっぷの買い方・予約方法

では『海峡ゆったどきっぷ』をどう買えばいいかを簡単に説明したいと思います。

買い方の順番はこんな感じ。

①電話でフェリーを予約
②切符の購入

 

まずは電話でフェリーの予約をします。

津軽海峡フェリー
青森支店
017-766-4733

函館支店
0138-43-4545

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

電話予約は乗船日の3か月前から受け付けているみたいです。

 

フェリーの予約が済んだら、次に『海峡ゆったどきっぷ』の購入です。

青森・野辺地・三沢から出発する場合
青森駅(青い森鉄道窓口)
5:20~22:30
浅虫温泉駅
6:30~17:00
野辺地駅
6:00~22:30
三沢駅
5:50~21:50
※1か月前から当日まで販売
函館から出発する場合
函館フェリーターミナル
24時間営業
※乗船当日に発売

以上の販売場所で購入してください。

青い森鉄道が詳しい買い方動画を挙げていましたのでご覧ください。

 

『海峡ゆったどきっぷ』の注意事項

『海峡ゆったどきっぷ』を購入・利用するにあたって注意点があります。

片道ずつしか購入できない
→帰りも利用する際は、再度購入する
フェリーの座席は2等席
→差額分を支払うことで等級変更も可能。
※ただし空席がある場合
青森駅から青森FT間は自己負担
→徒歩・バス・タクシーを利用する
フェリー会社を間違えないように
→海峡ゆったどきっぷが使えるのは津軽海峡フェリーのみ

詳しくは青い森鉄道公式ページ津軽海峡フェリー公式ページをご覧ください。

函館フェリーターミナルからはシャトルバスが出ていますが、ラビスタ函館ベイというホテル前にも停車するので、宿泊の際は便利となっています。

 

海峡ゆったどきっぷまとめ

八戸や三沢から函館に行く際にお得な海峡ゆったどきっぷの簡単なご紹介でした。

海峡ゆったどきっぷ
八戸駅~函館:3900円(1950円)
三沢駅~函館:3500円(1750円)
野辺地駅~函館:2900円(1450円)
浅虫温泉駅~函館:2400円(1200円)
※大人片道
※()は小児

新幹線や普通に鉄道とフェリーを利用して行くよりも、かなりお得に行くことができます。

 

買い方をおさらいすると・・・

①電話でフェリーを予約
②切符の購入

と難しくはありません。

詳しくは青い森鉄道公式ページ津軽海峡フェリー公式ページをご覧ください。

八戸・三沢から函館へ、函館から三沢・八戸へ旅行やビジネスなどで行かれる際は、お得な海峡ゆったどきっぷをぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

こちらも参考に・・・。

 

おまけ:津軽海峡フェリーのお得情報

今回ご紹介した『海峡ゆったどきっぷ』は、鉄道とフェリーを利用する方にお得な切符です。

なので自家用車で利用する方は、元々ある津軽海峡フェリーのお得な割引を利用しましょう。

それが往復割引ネット割引です。

車輌・旅客運賃の往復割引
同一航路で事前に往復購入した場合
→復路運賃が1割引
※往復割引有効期間:往路乗船日より14日以内

インターネット予約割引
インターネット予約すれば10%OFF
乗船日の3ヶ月前から予約可能

八戸や三沢から自家用車で函館に行くって方は、ぜひ利用してみてください。




UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の32歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
趣味で釣りしますが、かなり下手(笑)
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO