八戸・盛岡から札幌に格安で行く方法【なかよしきっぷ】

「八戸から札幌に行きたいな」
「盛岡から札幌に行きたいな」

旅行やビジネス、帰省やUターンなどでそう思う人も多いことでしょう。

そんな方にオススメのお得な切符があります。

それがなかよしきっぷになります。

シルバーフェリーが発売しているお得な切符で、札幌と八戸を6000円、札幌と盛岡を格安の7800円で結びます。

意外と知らない人も多く、シルバーフェリーのホームページにも詳細があるのですが、この記事でもご紹介したいと思います。



なかよしきっぷ

転載:シルバーフェリーのHPより

なかよしきっぷとは、シルバーフェリー(八戸~苫小牧)と高速バスを利用したお得な切符です。

札幌と八戸を結ぶ「札幌・八戸なかよしきっぷ」と、札幌と盛岡を結ぶ「札幌・盛岡なかよしきっぷ」の2種類あります。

八戸からは八戸FTでフェリーに乗り苫小牧から高速バスで札幌へ、盛岡からは高速バスで八戸FTに行きそこからフェリーで苫小牧、高速バスで札幌という流れです。

なかよしきっぷの料金(片道)

札幌・八戸なかよしきっぷ ¥6000(子供¥3000)
札幌・盛岡なかよしきっぷ ¥7800(子供¥3900)

どのくらいお得かというと、盛岡から行く場合を参考にします。

通常盛岡から札幌に行くとすれば・・・

高速バス(盛岡~八戸FT)¥2400、フェリー2等席(八戸~苫小牧)¥5600、高速バス(苫小牧FT~札幌駅前)¥1330合計¥9330かかります。

これだけでも十分安いですが、札幌・盛岡なかよしきっぷを使えば¥7800で済むので、¥1530もお得になります。※八戸からのお得額は¥930ほど

しかも車を使わないので、ガソリン代・駐車場代も浮いてしまうんです。

Left Caption

UOTO

浮いた分、北海道の美味しい食べ物が食べられますね。

購入までの流れ

まず最初にやることはフェリーの予約です。

2か月前から予約ができ、電話での予約になります。

川崎近海汽船フェリー予約センター
0120-539-468(固定電話の場合)
050-3821-1452(携帯電話の場合)
※平日9:00~18:00 土曜9:00~12:00(3/1~8/31のみ)
営業時間外・乗船当日の予約受付
苫小牧港フェリーターミナル 050-3821-1490
八戸港フェリーターミナル  050-3821-1478

フェリーの予約が完了したら、次に行うのが「なかよしきっぷ」の購入です。

八戸から出発の場合
・八戸港フェリーターミナル内 1階 ※乗船当日購入
盛岡から出発の場合
・盛岡駅前バス案内所 7:45~18:00
・プラザおでって1階 バス乗車券売り場 9:10~18:00 土日祝休
※盛岡発の場合は時間に余裕を持って購入する
札幌から出発の場合
・札幌駅前バスターミナル 7:30~19:00
・中央バス札幌ターミナル 7:30~19:00
・大谷地バスターミナル  7:45~18:00
※札幌発の場合は時間に余裕を持って購入する

このフェリーの予約切符の購入が完了すればオッケーです。

出発地によっては切符を購入するタイミングが違いますので、フェリー予約の際にしっかりと聞いてください。

 

「なかよしきっぷ」の注意点

片道ずつしか購入できない
・フェリーの等級は2等室 ※等級を上げるなら別料金

片道ずつしか購入できないので注意が必要です。

またシルバーフェリーの2等室とは、座席ごとに仕切りがある共同ルームになります。

船旅は約8時間と長いので個室が良いって場合は、2等寝台B以上がオススメです。※プラス1400円くらい?

 

「なかよしきっぷ」で八戸・盛岡からお得に札幌へ!

「なかよしきっぷ」を使えば、八戸から¥6000、盛岡から¥7800とお得に北の大都市:札幌に行くことができます。

簡単におさらいしましょう。

1、 乗りたいフェリーを予約 ※電話
2、 各指定の販売所にて切符を購入
※八戸から出発の場合は当日の乗船前に購入

札幌は遠い存在と思っていたかもしれませんが、実は東京よりも安く行けるんです。

確かに時間は半日費やすので、急いでいる人や乗り物が苦手な人は大変かもしれません。

ただ新幹線・飛行機よりも断然安いので、時間に余裕がある人にオススメです。

青森県・岩手県にお住いのみなさん、シルバーフェリーのなかよしきっぷでお得に北海道・札幌を訪れてみてはいかがでしょうか?

Right Caption

アス・パム男

行きは「なかよしきっぷ」、帰りは飛行機っていう方法もあるね。
Left Caption

UOTO

青森市方面の人なら青い森鉄道を利用した「青森・苫小牧てつなかきっぷ」がオススメ!

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO