三沢名物『パイカカレー』を食べた感想【間違いない美味しさ】

みなさん、『パイカ』ってご存知ですか?

パイカとは、豚バラのすぐそばにあるなんこつ部分のことです。

かつては捨てられていた部分でしたが、なんこつ周りに上質なお肉が付いていることが分かり、養豚業が盛んな三沢市ではご当地グルメとして売り出しています。

Left Caption

UOTO

1頭から500グラムしか取れない貴重な部位です!!

そんなパイカを使ったパイカカレーなるものを道の駅で発見したので、買って食べてみる事にしました。



パイカカレーとは?

豚バラのすぐそばに付いている軟骨肉であるパイカ。

転載:パイカweb
Left Caption

UOTO

昔はイカの仲間かと思っていました(笑)

調理の仕方によって、軟骨のコリコリ感やほろっととろける肉の食感が味わえるそうです。

軟骨部分にはコラーゲンがたっぷり含まれており、女性にもオススメの食材となっています。

そんな美味しい美容にもいいパイカを使ったカレーが『パイカカレー』になります。

 

パイカカレー(レトルト)を食べてみた

パイカカレーは三沢市の一部飲食店で提供されています。

・道の駅みさわ総合案内施設 くれ馬ぱ~く
・お食事処 おおせっか

ただ今回はレトルトのパイカカレー(648円)を頂きます。

作り方は普通のレトルトカレーと一緒で、湯せん(3~5分)か電子レンジ(2分)を選べます。

Left Caption

UOTO

湯せんの方がいいと思います。

こちらが完成したパイカカレーになります。

見た目は普通ですが、カレーの良い香りが漂います。

ご飯にかけて気づいたけど、意外と量が多い!

今まで紹介したレトルトカレーは基本的に200グラムでしたが、こちらのパイカカレーはなんと220グラム!!

危なく皿から溢れそうになりました。

カレー自体はそこまで辛くなく、誰でも食べられる美味しいカレーです。

 

ではメインのパイカを頂きます。

パイカ。なんこつっぽさはありません。

軟骨と聞くとカタいイメージがありますが、トロトロしていて「本当に軟骨なの?」と疑問に思うレベル。

歯を使わなくとも無くなるくらい柔らかくて、旨味がジュわっと溢れます。

 

そしてなんか不思議な食感を感じるなって思っていたら、なんとゴボウも入っていました。

Right Caption

アス・パム男

そういや三沢はゴボウの生産量日本一だもんね。
Left Caption

UOTO

カレーにゴボウはめちゃくちゃ合います!

トロトロしたパイカと、良いアクセントを出しているゴボウ。

間違いない美味しさです。



パイカカレーは間違いない美味しさでした

初めてパイカカレーを食べましたが、レトルトとしては完成度が高いカレーでした。

予想以上にパイカがトロトロしていたので、すごく食べやすかったです。

レトルトで美味しいなら、店で食べるともっと美味しいのでしょうね。

Left Caption

UOTO

あとで食べに行きたいと思います。

お土産としても自分用にもオススメなので、ぜひ見かけた際は手に取ってみてはいかがでしょうか?

今回買ったパイカカレーは県内の道の駅やお土産店、製造元の合同会社巧房の公式ページで購入可能です。

Left Caption

UOTO

楽天などに売ってるパイカカレーは「中辛 200g」みたいです。

 

パイカ料理をご当地グルメとして推している三沢市の飲食店では、パイカカレーはもちろん、パイカラーメンやパイカ煮などが提供されています。

三沢市内のパイカ料理提供店は三沢市観光協会オフィシャルウェブサイトでご確認ください。

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO