青森県の冬はどのくらい寒いのか?【防寒対策必須です】

青森と言えば、『寒い』ってイメージが強いですよね。

たぶん9割くらいの人がそう答えるでしょう。

こんな声が知恵袋にありました。

寒いというのは知っていても、どのくらい寒いかどうかまでは分からないって人もいるみたいです。

Left Caption

UOTO

寒さの感じ方は北と南では全然違うし・・・

そこでこの記事では、青森県の冬はどのくらい寒いのか?という疑問を解決していきたいと思います。

・冬に青森へ行くけど、どのくらい寒いかが分からない
・防寒対策をしっかり用意したけど、これで本当にいいのだろうか?

って方は参考にしてみてください。


青森県の冬はどのくらい寒い?

まず最初に『青森県の冬は寒い』です。

これはまごうことなき事実なので、冬に訪れる際は覚悟してください。

そして、次にどのくらい寒いのかを見ていきます。

青森県の『平均気温』 ※青森観測所
2019年
12月:2.0℃
1月 :-0.6℃
2月 :0℃
2020年
12月:0.6℃
1月 :0.9℃
2月 :1.2℃
2021年
12月:未測定
1月 :-1.9℃
2月 :-0.7℃

これ最低気温でなく、平均気温ですからね。

最低最高ともに氷点下って日も多く、平均気温ですらマイナスってことも全然あります。

それくらい寒いです。

Left Caption

UOTO

常に冷凍庫の中にいるといっても過言ではないと思います!

 

東京と比べてみます

参考までに東京の平均気温をまとめます。

東京都の『平均気温』 ※東京観測所
2019年
12月:8.5℃
1月 :5.6℃
2月 :7.2℃
2020年
12月:7.7℃
1月 :7.1℃
2月 :8.3℃
2021年
12月:未測定
1月 :5.4℃
2月 :8.5℃

青森と東京の気温差は6~8℃くらいあります。

6℃以上なんて、青森では3月とか4月の気温です。

よく東京の天気予報とかで、

東京都心は今年一番の寒さを記録するでしょう。寒さ対策はしっかり行ってください。

と言ったりしますが、それでも最低気温で1℃~4℃。

Left Caption

UOTO

青森での1℃~4℃は暖かいと感じるレベル。

なので東京などでの『寒い』という感覚で、冬の青森に行くとビックリするはずです。

単に“寒い”という感覚ではなく、

・体の芯まで冷えるような寒さ
・凍えるような寒さ
・痛みを感じるような寒さ

だと思った方がいいでしょう。

Left Caption

UOTO

東京の寒いと青森の寒いはレベルが違います。

 

北海道よりも寒い?

例えば、北海道から青森に行く人がいるとします。

「北海道よりは暖かいでしょ?」って思う方もいるかもしれません。

でもその考えは20%正解ですが、80%間違いです。

北海道の『平均気温』 ※札幌観測所
2019年
12月:-0.8℃
1月 :-3.0℃
2月 :-2.6℃
2020年
12月:-1.6℃
1月 :-2.3℃
2月 :-2.1℃
2021年
12月:未測定
1月 :-4.4℃
2月 :-2.2℃

確かに平均気温だけみると北海道より暖かいですが、それでも1~3℃の違い。

こんな人がいました。

内地の方が暖かいと思ってジャケット置いてきたけど、フェリーで八戸着いたらすごく寒かった・・。

北海道の人ですら寒いと思うのですから、本当に寒いのでしょう。

釧路とか稚内などの端から来たじゃない限りは、体感的な寒さは“北海道と変わらない”と思います。


青森の寒いは『凍えるような寒さ』

青森の冬は平均で1℃前後と、他の都道府県に比べて特に寒いです。

東京と比べても平均で6~8℃くらい気温差がありますので、同じ寒いでも全然違うと思います。

Left Caption

UOTO

平均気温的にトロント(1月平均-1.2℃)とか北京(1月平均-3.6℃)並みに寒いです。
Right Caption

アス・パム男

余計に分かりづらい・・・

例えるなら凍えるような寒さ

ただ単に体が寒いのではなく、手や足の先から体の奥底まで冷えるような感じです。

Left Caption

UOTO

凍えそうなカモメ見つめ泣くくらい寒いです。

なので冬の青森県をビジネスや旅行で訪れる際は、防寒対策にプラスして防寒対策をした方が良いかと思います。






UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の32歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
趣味で釣りしますが、かなり下手(笑)
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO

青森観光

Posted by uoto