青森のホタテ缶詰『ほたてしらゆき』の食べ方をご紹介!

2020年5月29日

こんにちは、UOTOです。

さてみなさん、ほたてしらゆきって知っていますか?

陸奥湾産ホタテの貝柱を使用し、青森のお土産としても人気の商品で、個人的にも好きな缶詰の一つです。

そんな『ほたてしらゆき』の食べ方をご紹介したいと思います。



ほたてしらゆきとは?

『ほたてしらゆき』を知らないって方もいると思うので、最初にどんな缶詰かを簡単にご紹介しましょう。

ほたてしらゆきの正式名称は【帆立ほぐし身マヨネーズ風調味料和え】

過去には2015年ご当地缶詰グランプリ金賞を獲得したこともあります。

むつ市の「みなみや」という主に昆布などの加工品を作っている会社が販売し、青森市に拠点を置くマルハニチロ北日本が製造しているようです。

たぶんスーパーとかではなかなかお目にかかれないと思いますが、主に道の駅や物産館・通販などで手に入ります。

ほたてしらゆきの口コミ

ほたてしらゆきの口コミが気になった私は、ネットやSNS、さらには知人の声を見てみる事に。

・一瞬でペロッと食べてしまう
・飲みの席にはピッタリ!上司も喜んでいました
・美味しいけどもう少し安ければ・・・

この他にも色んな口コミがありましたが、多くの人が喜んで食べているようです。

ただ一部「もう少し安ければ」という声もありました。

確かに量は多くないため、値段の割に多少物足りなさを感じるかもしれません。

でもそれは陸奥湾産ホタテを使用し、独自の味付けで丁寧に作っているからこそだと思います。

気軽に食べられるものでもないので、青森土産や贈り物としてもいいかもしれません。

 

ほたてしらゆきの食べ方

缶詰を開けるとこんな感じです。

開けた瞬間に、ほのかなホタテの香りが漂います。

ぱっと見は、シーチキン(例えが悪くてすみません!!)のような感じですが、食べてみるとホタテの旨味とマヨネーズ風味が口いっぱいに広がります。

Left Caption

UOTO

ホタテのほぐし身が凄い!!食感が良い!

そんな『ほたてしらゆき』の基本的な食べ方がこれ!!

酒のつまみとして食べるのが基本だと思います。

ホタテの身と味がしっかりしているので、酒のつまみにピッタリ。

Left Caption

UOTO

普段飲まない私も、この時は昼からいっちゃいましたね(笑)

もちろんこの他にも、ほたてしらゆきを使った食べ方があります。

 

食パンに塗って食べる

マヨネーズ風味もありますので、食パンに塗って食べても美味しくいただけます。

Left Caption

UOTO

ホタテとマヨネーズの風味が食パンとの相性抜群!!

ほたてしらゆきを薄くのばしてトースターで焼くのもおすすめです。

Left Caption

UOTO

個人的にはこれが一番オススメかな・・・

ちょっと贅沢な食べ方ですが、変わったトーストが食べてみたい人に特におすすめです。

さらにプラスアルファ・・・

上から少しブラックペッパーをかけて食べても美味しいですよ。

Right Caption

ホタテおばさん

サンドイッチにしても美味しそうね。

ご飯にかけて食べる

他ブログで「炊き立てのご飯に乗せて食べる」というのがありましたが、個人的にはあまり・・・って感じです。

というのもそこまで味が濃いわけではないので、ご飯に合うかと言われたら人によると思います。

ただし上から少し醤油をかけると、ご飯のお供としても美味しくいただけます。

Left Caption

UOTO

私がしょっぱいのが好きなだけかもしれませんけどね。。

南部せんべいにつけて食べる

これは気持ちに余裕がある人だけお試しください。

イカせんべいってお土産でもありますが、食感や味はそれと同じになります。

私の場合、近くに南部せんべいがあったので試しましたが、積極的に試す食べ方ではないので参考までに。




 

『ほたてしらゆき』をぜひ食べてみてください!

ほたてしらゆきの食べ方としてオススメなのは、

・酒のつまみ
・食パンに塗る

の2つです。

他にもサラダに混ぜたりグラタンにするって人もいますので、自分なりのアレンジを見つけて食べてみるのも面白いですね。

『ほたてしらゆき』を知らなかったという方は、ぜひ一度食べてみてください。

Left Caption

UOTO

他にも『みそマヨほたて』なんてのも売られていますよ!ただネットだと送料分高めなので、実際に青森へ来て買うのが一番いいかもしれません。

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の30歳。

【青森をもっと元気に!】を目標に大好きな青森県でブロガーとして頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO×タマ画伯