青森の南蛮味噌?『コムラのなんばんみそ』が美味しい!

2021年3月11日

南部育ちの私が、昔よく食べていたご飯のお供と言えばコムラのなんばんみそ

巾着型のパッケージに入っているピリ辛の漬物?的な食べ物で、おばあちゃんがよく食べていた記憶があります。

最近は食べる機会がなかったのですが、紹介がてら久しぶりに買って食べてみる事にしました。



『なんばんみそ』とは?

『なんばんみそ』とは、大根・人参・ごぼう・きゅうり・シソの実などをもろみに漬け込んだ漬物の事です。

明治時代の五戸町発祥と言われ、冬の保存食として食べられたのが始まりとされています。

そんな『なんばんみそ』を元祖として製造販売しているのが、1885年創業の五戸町のコムラ醸造株式会社

そして主力商品が元祖コムラのなんばんみそです。

 

南蛮味噌となんばんみその違い

実は青森で“南蛮味噌”と言われているのは『なんばんみそ』であって、南蛮味噌ではありません。

“南蛮味噌”は唐辛子味噌の別名で、料理や付け合わせなどに使われる辛味調味料です。

しかし青森の“なんばんみそ”は先ほども言った通り、野菜をもろみに漬け込んだ漬物です。

Left Caption

UOTO

なので味噌汁とかに使うような味噌ではないんですね。
南蛮味噌・・・・・料理や付け合わせに使う辛味調味料
なんばんみそ・・・もろみに漬け込んだ漬物

なので「青森に行ったら南蛮味噌買ってきて」と言われたら、“なんばんみそ”の方かもしれませんね。

 

コムラのなんばんみそを久しぶりに食べてみた

コムラのなんばんみそを久しぶりに買ってみました。

まずスーパーでビックリしたのが、昔ながらの巾着型パッケージじゃないってこと。

新パッケージ
こういった巾着型のパッケージのイメージが強いです
Left Caption

UOTO

2021年2月頃よりパッケージ変更を実施しているみたいです

 

今回は甘口と辛口タイプの2種類購入。

見た目も原材料は一緒なのですが、唐辛子の量で辛さを調整しているみたいです。

野菜もたっぷり入っています

ではでは久しぶりにコムラのなんばんみそを、オンTHEライスしていただきます。

王道のオンTHEライス!!

ここ10~15年くらいは食べてなかったと思いますが、いや~やっぱり美味しい!!

甘口の方は結構しょっぱいので、ちょっとの量でご飯がめっちゃ進みます。

野菜の食感も良い感じです。

辛口の方はたぶん初めて食べたと思いますが、水を欲するほどけっこう辛め(笑)

辛いのが好きな人にはオススメです。

とにかく昔ながらの変わらない味で、懐かしさのあまり昔を思い出してしまいました。

Left Caption

UOTO

おばあちゃん・・・・
Right Caption

アス・パム男

いや、UOTOん家のおばあちゃんまだいるだろ(笑)

明治時代より長年愛されている理由が分かりますね。

 

コムラのなんばんみその食べ方

コムラのなんばんみそは、ご飯と一緒に食べるのが普通というか王道の食べ方です。

Left Caption

UOTO

ご飯に乗せたり、おにぎりの中に入れたり・・・

でもちょっと変わった食べ方がしたいって人も多いと思います。

そこでオススメなのが、『お茶漬け』です。

コムラのなんばんみそはしょっぱいので、ご飯に乗せてお湯をかけるだけでお茶漬けになります。

コムラ醸造ホームページより

あとは醤油とかソースの代わりに、料理に付けて食べるのもオススメです。

揚げ物なんかに付けて食べるのもいいですね。

揚げ物に付けて食べてもよし!!

なんばんみそを使ったレシピや食べ方は多種多様で、色んなアレンジができると思います。

コムラ醸造のホームページにはなんばんみそを使ったレシピが掲載されていますので、一度ご覧ください。



コムラのなんばんみそはオススメです!

コムラのなんばんみそを久しぶりに食べましたが、本当に美味しかったです。

食欲がない日・おかずがない日でも、なんばんみそがあればご飯が進みます。

また色んなアレンジで食べることもできるのでオススメ!

食べたことがないって人は、ぜひ一度コムラのなんばんみそを食べてみてください。

青森県内ではスーパーや道の駅、お土産屋などで1個(110g)200円ちょっとで購入できます。

Left Caption

UOTO

ネットでも購入可能です!

君乃屋ホルモンで有名な『君乃屋』とのコラボ商品もあります!

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO