青森県に「数字と戸(のへ)」が入る地名が多い理由【四戸はない】

2020年8月14日

こんにちは、UOTOです。

青森県と岩手県には1~9といった数字の入る地名が多くあることをご存知でしょうか?

岩手県一戸町・二戸市・九戸村、青森県三戸町・五戸町・六戸町・七戸町・八戸市。

Left Caption

UOTO

例えば八戸は『はちのへ』と読みます。

不思議だと思いませんか?

数百年の時を越え、そして平成の大合併を乗り越えて残されたこの数字+戸(のへ)が付く地名。

なぜこのような青森県南部と岩手県北部には数字+戸(のへ)が入る地名が多いのかを書いていきたいと思います。

Left Caption

UOTO

四戸という地名がない理由も書いていきますよ!




数字と戸(のへ)が入る地名が多い理由

冒頭でも言いましたが、青森県南部と岩手県北部には1~9の数字に戸(へ)が付く地名が多いです。

その理由として考えられているのが、平安後期の「糠部郡」の設置。

それ以前は蝦夷(えみし)の居住地だったのですが、1070年頃の延久蝦夷合戦で蝦夷から手に入れた土地を分けた際に現在の青森県東部~岩手県北部にかけて広大な糠部郡が設置されました。

その後、軍功をあげた甲斐国南部氏が糠部郡を授かり、馬の生産が盛んだった広い糠部郡をさらに9つに分けて誕生したのが、この~のへになります。

「戸(のへ)」というのは牧場や集落・行政区画という意味があり、当時は町名とかではなく地区名くらいの考え方だったと思います。

それが数百年の時を越えて後世に残り今に至るのです。

しかしながらこの数字+戸には様々な説が存在し、蝦夷征伐の際に設置された柵戸(きへ)説というのもありますので、ハッキリと分かっていないそうです。

 

なぜ四戸だけがない!?

1~9という数字が付く街があるといっても、実は4四戸だけがありません。

今は残っていないだけで昔はあったそうで、江戸時代くらいまでは地名として残っていたようですが、なぜ無くなったのかは不明なのだそうです。

単純に「4は縁起が悪いから」と思ってしまいがちですが、当時の人がそこまで考えていないような気がします。

その四戸の場所としては八戸市や五戸町などと言われています。

四戸だったとされる場所
・八戸市櫛引
・五戸町志戸岸

・五戸町浅水
・南部町上名久井

この中で有力なのが、『八戸市櫛引説』『五戸町浅水説』。

八戸市八幡地区には櫛引八幡宮という重要文化財があるのですが、1222年に四戸の櫛引村に作られたという歴史があり、当時は「四戸八幡宮」と呼ばれていたそうで、この辺りが四戸と呼ばれる地区だったということが分かっています。

もう一つの五戸町浅水説に関しては、『浅水』という地名が元々『朝見ず』という意味からきているそうで、

「四」→「死」→「朝見ず」→「浅水」

と変わっていったそうな。

地理的にも五戸と三戸の間ということもあり、浅水地区が四戸だった可能性は確かに無きにしも非ずですね。

あと岩手県の二戸市には四戸城(金田一城)というのがありますが、城名の由来として四戸という地域ということではなく、城主が四戸氏だったことから四戸城になったのではないかと考えられています。

ちなみに「四戸さん」という苗字の方は周りに結構います。

 

無くなりかけた「~のへ」の地名

そんな歴史のある「~のへ」の地名ですが、実は平成の大合併で無くなりかけました。

まず「七戸町」

2000年代に全国の市町村で実施された平成の大合併で、七戸町も周辺4町村での合併でなくなりかけました。

その後、合併協議が頓挫して2町村合併で七戸という名を残したのです。

次に「六戸町」

こちらも周辺3町での合併を協議し町名が無くなりかけましたが、色々あって離脱という形をとって町名が残ることに。

最後に「一戸町と九戸村」

こちらは二戸市を中心とした広域合併の協議を打ち出しましたが、一戸町と九戸村などは賛同せず一部合併にとどまり、町名・村名を残しています。

色んな事があって地名が残る形になりましたが、この「~のへ」ブランドはこのまま後世に残っていて欲しいですね。

 

面白い「数字+戸(のへ)」の世界

この記事を作るにあたって色々調べたのですが、低学歴には難しすぎて薄い内容になってしまいました。

簡単に言えば、元々馬の産地だった広い糠部郡を9つの牧場集落(戸)に分けた事が「~のへ」の始まりってことですかね。

かつては名馬の生産地だった「戸」が付く街達ですが、今現在でもその名残は残っています。

青森県五戸町の特産品が「馬肉」だったり、青森県七戸町には「日本軽種馬協会七戸種馬場」があったり「東北馬力大会七戸大会」が開催されたりと馬との関わりが今も残ります。

そして面白いのが東北新幹線

「二戸駅」の次が「八戸駅」、そしてその次が「七戸十和田駅」「○○のへ」づくしになっています。

Left Caption

UOTO

本当か分かりませんが、八戸駅に行きたかった人が間違って二戸駅で降りたという事もあるそうです。

全国を探してもこれほど面白い地名はなかなかないかと思います。

ぜひ青森県や岩手県へ観光される際は、この「数字+戸(のへ)」の地名をコンプリートしてみてはいかがでしょうか?




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO