奥入瀬川の釣りポイント紹介【釣り券や遊漁期間などについても】

2021年9月23日

サクラマスやヤマメ・イワナ釣りで有名な釣りスポット奥入瀬川

奥入瀬川とは、十和田湖から八戸とおいらせ町の境目の太平洋に注ぐ約71㎞の川です。

出典:奥入瀬川漁業協同組合
Left Caption

UOTO

奥入瀬渓流も含まれます!

上流から下流まで幅広く釣りが楽しめて、釣れる魚種も豊富。

そんな奥入瀬川の釣りポイントなどについてまとめていきたいと思います。



奥入瀬川の釣りをオススメする理由

奥入瀬川は青森県の河川の中でも、人気の釣りスポットです。

川も綺麗だしメリハリある流れなので、何か釣れるかも?と川釣り心をくすぐってきます。

そんな奥入瀬川の釣りをオススメする理由を3つ挙げます。

 

釣れる魚が豊富

出典:鈴木釣具店ブログ

まず、奥入瀬川は釣れる魚が豊富です。

奥入瀬川漁業協同組合が公表している魚種は以下の通り。

アユ・コイ・ウグイ・ヤマメ・イワナ・ニジマス・ウナギ・サクラマス

メジャーな川魚は一通り狙えます。

Left Caption

UOTO

あまり知られていませんが、アユも結構釣れるみたいですよ!

各魚種には遊漁期間(後述)が設けられていますが、春から秋まで様々な釣りが楽しめるのも奥入瀬川の魅力です。

 

定期的に放流を行っている

出典:青森県内水面漁業協同組合連合会

奥入瀬川の釣りを支えているのが、定期的な稚魚の放流です。

特にイワナやヤマメなどは環境の変化に弱く、元々個体数も多くないので、釣り過ぎてしまえば絶滅してしまいます。

しかしそれを防ぐため、奥入瀬川漁業協同組合では定期的にヤマメやイワナの稚魚を放流しています。

なので、他の川に比べて個体数が多いと言われています。

Left Caption

UOTO

必ずしも釣れるとは限りませんが、個体数も多いということは=釣れやすいということにも繋がるわけですね。

 

支流も魅力的

奥入瀬川には、大小さまざまな支流が注いでいます。

よく釣りブログで書かれている支流を挙げると、

蔦川・中里川・熊ノ沢川・生内川・後藤川・黄瀬川など

があります。

どの支流も釣り人には魅力的な川

本流はウェーダーが必須ですが、支流であれば川幅が広くないので気軽に釣りができるのも魅力。

「春の小川」を歌いたくなるような清らかな支流も多いので、のんびり釣りを楽しむこともできます。

奥入瀬川の釣りポイント

ここでの釣りポイントは、詳細を示したものではありません。

釣り人がいた、見かけたというだけで載せています。

後述する禁漁区以外であればどこでも狙えますので、自分の足で探してみてください。

※十和田市を流れる奥入瀬川のみ紹介します。

 

奥入瀬渓流

観光名所としても有名な奥入瀬渓流

実はここも釣りが可能です。

過去に釣りした経験がある知人によると、ヤマメやイワナの魚影は濃いとのこと。

しかしほとんど釣りしている人をみかけません。

Left Caption

UOTO

たまにいるくらい。

早朝とかならまだしも、日中は観光客も多いのでできれば避けたいポイントです。

 

蔦川

奥入瀬川の支流で、本格的な渓流釣りを楽しめると人気の蔦川

砂防ダムなど多少整備はされてしまっているものの、保護活動の成果からイワナなどの魚影は濃いと言われています。

車を停めるスペースも所々にあるので、入渓しやすいかと思います。

Left Caption

UOTO

個人的にも良く行くスポットです。
上流部にはこういった淵もあり。

 

法量地区

十和田市街地から奥入瀬渓流に向かう途中にある法量地区

わりと広い地区なのでここという場所はありませんが、流れにメリハリがある場所だったり、堰が点在していたりと狙えるポイントがたくさん。

Left Caption

UOTO

自分だけのポイント探しも面白いかもしれませんね。

法量地区の奥入瀬川周辺は田畑が多いので、駐車する際は注意が必要です。

 

熊ノ沢川

奥入瀬川に繋がる熊ノ沢川もオススメで、定期的に放流されているためかヤマメの釣果報告も多くあります。

川と言うよりかは小川のような雰囲気で、餌釣りのほうがメインかもしれません。

Left Caption

UOTO

餌釣りの人なら何人か見たことがあります!

熊ノ沢川と奥入瀬川の合流点付近にある堰でよく釣り人をみかけますが、友人曰く「場所はいいけど、あまり釣れない」とのこと。

友人からの釣果報告。熊ノ沢川で釣ったそうです。ルアーはARスピナー。

 

昭和新橋付近

切田地区から十和田市街地へ向かう場所にある昭和新橋付近

比較的浅く、水の流れが速くなっています。

この辺りから釣れる魚も、アユやサクラマスへと変わっていきます。

Left Caption

UOTO

個人的に上級者向けのスポットだと感じています。

上流部に比べて川幅は広く、ウェーダーが必須です。

禁漁エリア(後述)も近いので、釣行の際は注意が必要です。

 

相坂大橋~共栄橋付近

わりと多くの釣り人を見かける相坂大橋~共栄橋付近

サクラマスや川鯉などを狙う人が多くいるようです。

川沿いは砂利道となっていますが、道は広く空き地が多いので、駐車スペースは多くあります。

奥入瀬川の中でも比較的訪れやすい釣りスポットです。

奥入瀬川での釣りの疑問

奥入瀬川の釣りでよくある質問に答えます。

釣り券(遊漁券)は必要なの?

奥入瀬川は奥入瀬川漁業協同が管理している河川のため、釣り券(遊漁券)は必要です。

奥入瀬川に繋がる支流に関しても、釣り券の対象範囲となっています。

こちらが奥入瀬川の遊漁券です。

 

遊漁料金

遊漁料金
アユ・コイ・ウグイ・ヤマメ・イワナ・ニジマス・ウナギ
日券:800円
年券:5000円
サクラマス(上記魚種含む)
日券:2000円
年券:10000円


※現地加算金+200円
※中学生以下は無料、肢体不自由者は半額
※県内共通遊漁券(年券:15000円)使用可能

 

奥入瀬川の釣り券が買える場所

奥入瀬川の釣り券(遊漁券)が買える場所
 奥入瀬川漁協事務所
 十和田湖商工会
 鈴木釣具店
 ファミリーマート 十和田相坂店
 ㈲さいとうつり具
 河原つり具
 桂月ドライブイン
 蔦温泉売店
 石ヶ所休憩販売店
 コスモ石油 焼山給油所
 つり具BELL WOOD
最新の販売店は公式ページをご覧ください

遊漁券は事前購入が基本です。

しかし、早朝の釣りなどで“遊漁券を買える場所がない”ってことも考えられます。

その場合は、釣り場にて現地徴収員に支払う形になります。(+200円加算)

 

遊漁期間は?

奥入瀬川では各魚種に対して遊漁期間を設けています。

アユ
7月1日~翌年3月31日
コイ
1月1日~12月31日
ヤマメ・イワナ・ニジマス・ウナギ
4月1日~9月30日
ウグイ
4月1日~9月30日
サクラマス
6月1日~7月31日

 

駐車場はあるの?

奥入瀬川周辺に、釣り専用の駐車場というのはありません。

農道脇に停めたり、空き地を利用することがほとんどだと思います。

農作業シーズンであれば農家のトラクターなどの出入りも多くなるので、邪魔にならないように駐車する必要もあります。

 

禁漁区域は?

奥入瀬川には禁漁区域があります。

①太平洋河口より上流1000m(開運橋まで)
②立石発電所より上流100m、下流200m
③篠田地川と奥入瀬川合流点から上流1200m上川原取水口まで

これだけだとどこの事を言っているのか分からないと思うので、地図に示します。

太平洋河口より上流1000m(開運橋まで)
立石発電所より上流100m、下流200m
篠田地川と奥入瀬川合流点から上流1200m上川原取水口まで

参考にしてみてください。



奥入瀬川で釣りを楽しみませんか?

奥入瀬川では、ルアーやフライ・餌など多種多様な釣りを楽しめますし、魅力的な支流も多いので釣り人には嬉しい釣りスポットでしょう。

Left Caption

UOTO

景色も最高ですよ!!

海に比べて個体数の少ない“川”ということから、オススメの釣りポイントを詳しく書けず、【奥入瀬川 釣りポイント】と調べて来た方には申し訳ないと思っています。

ですが禁漁エリア以外であれば広範囲で狙えると思うので、自分なりのポイントを見つけるのも奥入瀬川の醍醐味。

ぜひみなさんも、奥入瀬川での川釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

※もし「釣れたよ!」って写真がありましたが、気軽にコメント欄に添付してご報告ください。




UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の32歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
趣味で釣りしますが、かなり下手(笑)
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO

釣り

Posted by uoto