みやきんの『駒まんじゅう』は七戸土産にオススメ!【ちょっと高級な饅頭です】

七戸土産を買おうと思っている皆さん、みやきんの駒まんじゅうはいかがでしょうか?

駒まんじゅうは、馬産地:七戸で古くから愛されている伝統の饅頭です。

七戸町で駒まんじゅうを製造している菓子店は『みやきん』『田重(現:愛生堂)』の2つ。

町民の中でもどちらの駒まんじゅうが好きかで真っ二つに分かれますが、今回はわりと手に入りすい、みやきんの『駒まんじゅう』をご紹介します。



みやきんの『駒まんじゅう』

みやきんは七戸町に本店を置く菓子製造会社です。

和菓子から洋菓子まで様々な商品を作っていますが、その中でも人気かつ伝統のあるお菓子が駒まんじゅうです。

駒まんじゅうって言っても馬肉が入ってるわけでもないし、駒の形をしているわけでもありません。

なぜ駒まんじゅうという名前になったかというと、明治41年に当時まだ皇太子だった大正天皇が種場牧場(現:家畜改良センター奥羽牧場)に来た際、献上した酒饅頭を「駒饅頭」と命名したことが由来の一つとされています。

Left Caption

UOTO

もう一つは、明治9年、供養祭に奉納していた酒饅頭に馬の焼印を押したことから駒饅頭と言われた説

駒まんじゅうを食べた感想

こちらが駒まんじゅうになります。

駒まんじゅう

1個ずつ包装されています。

『天皇陛下命名』と書いてあり、それだけでも高級感があります。

Left Caption

UOTO

小さい頃は、駒まんじゅう=お金持ちの食べ物だと思ってました(笑)
Right Caption

アス・パム男

どんだけ貧乏だったんだ・・・

開封してみましょう。

大きさはピンポン玉ほどです。

白皮(こしあん)と黒皮(白あん)の2種類あり、基本的に2つワンセットで売っています。

中にはびっしりと餡子が詰まっています。

まずは、馬の焼印が印象的な白皮の駒まんじゅうから頂きます。

白皮のほうがメジャーですね。

食べるとお酒の風味が口いっぱいに広がります。

饅頭にしては甘さも控えめなので、どなたでも美味しくいただけると思います。

Left Caption

UOTO

黒皮の駒まんじゅうは、甘さが強めで塩気もあり、お茶菓子に最適かも?

小さいながらも食べ応えがある饅頭となっています。

 

カロリーは1個当たり65キロカロリー前後となっています。

 

駒まんじゅうが買える場所

駒まんじゅうが買える場所は、

みやきん 各店
みやきん オンラインショップ
道の駅 しちのへ

などとなっています。

また、ふるさと納税の返礼品にもなっています。

 

駒饅頭の価格(オンラインショップ)
6個箱入り :960円
12個箱入り:1890円
20個箱入り:2870円

饅頭にしてはちょっと高めの価格なので、主に贈答用として買われる人が多い印象です。

Left Caption

UOTO

1個ずつ包装されているので、配るようにも最適ですね!



七戸土産にみやきんの『駒まんじゅう』をぜひ!

みやきんの駒まんじゅうは、小さいながらも食べ応えのあるちょっと高級な饅頭。

明治から続く歴史ある饅頭なので、七戸土産としてもオススメです。

東北新幹線『七戸十和田駅』に近いイオン七戸にも店舗があるので、気軽に買えるかと思います。

Left Caption

UOTO

9月27日は『みやきん駒まんじゅう誕生日』に登録されたそうですよ!

ぜひ七戸町を訪れた際は、『駒まんじゅう』を買われてみてはいかがでしょうか?




UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の32歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
趣味で釣りしますが、かなり下手(笑)
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO