B級グルメの八戸せんべい汁とは?【実際に作ってみました!】

こんにちは、UOTOです。

みなさん、せんべい汁ってご存じですか?

たぶん名前くらいは聞いたことがあるって人も多いでしょうが、『せんべい汁』はその名の通り、だし汁の中に南部せんべいを入れて食べる八戸地方に伝わる郷土料理です。

B-1グランプリでの知名度アップも重なり、全国的にはB級グルメとしても知られています。

そんなB級グルメでもある八戸せんべい汁の歴史について調べるのと同時に、実際に作ってみましたのでご覧ください。



八戸せんべい汁とは?

まずは八戸せんべい汁について簡単に学んでいきましょう。

八戸せんべい汁とは、肉・魚・野菜などのダシ汁の中に南部せんべいを割りいれて、煮込んで食べる八戸地方の郷土料理です。

せんべい汁の発祥は八戸藩内と言われていますので、現在の青森県南部~岩手県北部にかけて食べられています。

Right Caption

せんべい先生

普通の南部せんべいではなく、おつゆせんべいと呼ばれる鍋用のせんべいを使います。
Left Caption

UOTO

ダシを吸った程よい堅さのせんべいを口に入れた時の、あのジュワーって感じと独特な食感ががもうたまりません。

八戸市発祥のB-1グランプリでは第7回大会において初めて優勝し、全国的にも高い知名度を誇るようになりました。

八戸せんべい汁のB-1グランプリの結果
第1回(八戸市) :4位
第2回(富士宮市):2位
第3回(久留米市):2位
第4回(横手市) :2位
第5回(厚木市) :3位
第6回(姫路市) :3位
第7回(北九州市):1位

 

ただのB級グルメではない!?せんべい汁の歴史

八戸せんべい汁は突如現れたB級グルメというわけではなく、歴史のある郷土料理です。

その歴史は江戸時代後期まで遡ります。

野菜やウグイ・キジ・山鳥・蟹・ウサギなど、季節の具材を入れた汁物に、ちぎって入れる食べ方もしました。これが「せんべい汁」の始まりです。
引用:八戸せんべい汁.com

この頃は今のような堅焼きせんべいではなく、蕎麦を使った餅のような食感のせんべいを入れていたと言われています。

その後明治30年、せんべい焼型が普及し堅焼きせんべいが生産されるようになり、堅焼きできない蕎麦せんべいから現在のような麦せんべいに変わっていきました。

なので堅焼きせんべいを鍋に入れる八戸せんべい汁が誕生したのは、明治30年頃と言われているそうです。

昔はコメの不作も多かったでしょうから、保存のきくせんべいはかなり重宝されたのではないかと思います。

 

八戸せんべい汁の作り方

Right Caption

一般の声

八戸に行かないとせんべい汁は食べられないの?
Left Caption

UOTO

いえいえ、自宅でも簡単に作れますよ!

私自身、お店でせんべい汁を頂いたことがあるんですが、自分で作ったことはありませんでした。

そこで今回記事作成にあたり、実際に作ってみる事に。

Left Caption

UOTO

男料理のため分量などはテキトーです(笑)

まずは食材から。

おつゆせんべい:1パック
鶏肉:1パック(約300グラム)
にんじん:1本
ごぼう:1本
ネギ:2本
シイタケ:1パック
糸こんにゃく:1パック
醤油:お好みの量
ダシの素:おまかせ
※醤油の代わりに八方汁や麺つゆとかでもいいです。

いれる食材は自由でいいと思います。

できるだけ県産品にこだわりましたが、シイタケだけは岩手県産です。

Left Caption

UOTO

まぁせんべい汁は岩手県北地域でも食べられていましたからね、OK!

まずは切ったり何なりして準備をします。

これで準備完了!

ある程度沸騰させたお湯に食材を投入し、煮込んでいきます。

途中で醤油(八方汁・麺つゆなど)を投入します。

濃さは自分の舌で調整してください。

通常の八戸せんべい汁は鶏ダシが基本ですが、今回は煮干しベースの万能だしパック『できるだし』も使います。

Left Caption

UOTO

煮干しが苦手な人はいれなくていいですよ!

煮込む目安としては、『ゴボウが柔らかくなる程度』です。

ある程度OKだったら食べる5分くらい前に、おつゆせんべいを割って投入します。

せんべいを入れるタイミングは少し注意が必要です。

・早く入れすぎると柔らかくなりすぎてしまう
・表面が柔らかく、中はもっちりしているのがベスト
・せんべいの堅さはお好みで
・せんべいの耳は、芯が残るので苦手な人は事前に外しておく

あとは数分間、煮込んだら完成です。

完成した写真を取り忘れたので、とりあえず盛りつけた八戸せんべい汁をご覧ください。

ぱっと見、『すいとん』とか『ひっつみ』みたいな雰囲気ですが、それと同じ感覚で作れると思います。

Right Caption

せんべい先生

むしろせんべいを割って入れるだけなので、それらよりも簡単に作れますよ。

雑な私でも作れたので、みなさんもぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

Left Caption

UOTO

ちゃんとしたせんべい汁の作り方は、クックパッドをご覧ください。

 

普通の南部せんべいではダメなの?

よく「普通の南部せんべいを入れたらダメなの?」って声がありますが、『せんべい汁』を作るのであれば、専用の『おつゆせんべい』を使用しましょう。

普通の南部せんべいだと、トロトロに溶けてしまってせんべい汁ではなくなってしまいます。

Left Caption

UOTO

これを偽せんべい汁というそうです。

稀に天かすのようにドロドロに溶けてしまったせんべいが入っている場合がありますが、それは調理法やせんべいの選択を間違っている「ニセせんべい汁」ですから要注意。

引用:八戸せんべい汁.com

今回の作り方で使用した、いずもりの『おつゆせんべい』はせんべい汁用に作られており、程よく溶けてくれるので独特な食感を楽しむこともできます。

 

ダシは鶏?豚?魚?

八戸せんべい汁のダシは、【鶏派】【豚派】【魚派】に分かれるようですね。

実はどれでもよくてメジャーなのが鶏ダシですが、ベースとなるダシはお好みに合わせてという感じです。

なので人・地域によっては、馬肉や鴨肉なんかを使うそうです。

また醤油だけでなく、ダシに合わせて塩味・みそ味もOK。

一応、通販では【せんべい汁セット】があるのでご紹介しておきます。

「具材はあるからダシだけなんとかしたい」って方には、せんべいとダシのセットもあります。

 

Left Caption

UOTO

八戸の知人は、塩味でサバ缶を使うって言っていました。

 

せんべい汁はB級ではない、A級グルメ

私から言わせれば、八戸せんべい汁はB級グルメなんかじゃありません。

A級グルメです。

確かに、肉ドーン、麺ドーン的なグルメのようなインパクトはありません。

あくまでも汁物として、側でメインをサポートするサブ的な立ち位置、つまりバイプレーヤー

彼がいるからメインが引き立つ、そんな魅力が八戸せんべい汁にはあります。

Left Caption

UOTO

上手く伝わらないのが悔しい・・・
Right Caption

せんべい先生

だからこそB-1グランプリでは1回~6回まで2~4位を維持していたのかもしれません。

せんべい汁は専用のせんべいさえあれば、みなさんのご家庭でも気軽に作れますし、すいとんみたいにもっと全国区になってもいいような存在です。

ぜひ一度本場の八戸でせんべい汁を味わい、そして自宅でもせんべい汁作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の30歳。

【青森をもっと元気に!】を目標に大好きな青森県でブロガーとして頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO×タマ画伯