嶽きみカレーを食べた感想【嶽きみの甘さが口いっぱいに広がります】

DAKE KIMI KIMI KIMI KIMI kiss me kiss me~♪(りんご娘 Kimi-Dakeより)

ということで、先日道の駅で見つけたレトルトカレー嶽きみカレーをご紹介します。

Right Caption

アス・パム男

どういうことで!?



嶽きみカレーとは?

そもそも『嶽きみ』とは?というところからスタートしますと、青森県弘前市の嶽地区というところで栽培されている“とうもろこし”のことですね。

Left Caption

UOTO

青森県ではとうもろこしのことを、“きみ”と言います。

糖度18度以上の甘さが特徴で、2007年に地域団体商標に登録されるなど、全国にその名が広まっています。

そんな嶽きみを使ったカレーが『嶽きみカレー』になります。

よくカレーやシチューにコーンを入れると思いますが、そんな感じだと思います。

さっそく食べてみましょう。

 

嶽きみカレー(レトルト)を食べてみた

こちらが嶽きみカレーのレトルト(600円)になります。

パッケージの嶽きみがプリっとしていて美味しそうです。

湯せんで温めて、ご飯にかけてみます。

嶽きみカレー

どうでしょう。

見た目はカレーというよりかは、シチューみたいですね。

香りは普通のカレーっぽいですが、あまりそこまで強くはありません。

嶽きみがたくさん入っています。

ではいただきます。

ん?カレー特有の辛味はほとんどないような気がします。

あとからちょっとピリッとくる感じかな?

というか嶽きみがすごく甘いので、辛さはほとんど感じません。

Left Caption

UOTO

嶽きみの甘さが口いっぱいに広がります。

 

辛さが少なく甘いのでカレーとしては物足りなさが残るかもしれませんが、シチューをご飯にかけて食べる派の私からすれば、この甘さは結構好き。

具材も小さいベーコンと嶽きみがメインなので、小さいお子さんでも食べやすいかもしれません。

嶽きみの甘さを生かしたシチューのような美味しいカレーでした。



嶽きみカレーは甘いカレーでした

今回、嶽きみカレーのレトルトを食べてみたわけですが、ほぼ予想通りで甘いカレーでした。

というのも糖度18度以上と言われる嶽きみを入れているのだから、甘くなるのは当たり前のこと。

このカレーは子供や辛いのが苦手な人、シチューをご飯にかけて食べる派の人にオススメです。

嶽きみカレーは県内の道の駅やお土産店で購入可能。

嶽きみの甘さをぜひカレーで体験してみてください。

Left Caption

UOTO

でもやっぱり嶽きみは、加工せずそのまま食べた方が好きですね。

UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の32歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
趣味で釣りしますが、かなり下手(笑)
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO