『葉つきこかぶ』の美味しい食べ方

 

葉つきこかぶしか食べたことがない、UOTOです。

さてみなさん、葉つきこかぶってご存知でしょうか?

青森県が誇る地域ブランドの野菜で、そのまま食べても美味しい小型のカブなんです。




葉つきこかぶとは?

 

葉つきこかぶの簡単なご紹介をします。

『葉つきこかぶ』とは、フルーツのような甘みと柔らかい食感が特徴で、葉っぱまで美味しく食べられるカブになります。

主な生産地は野辺地町や東北町で、2012年には『野辺地葉つきこかぶ』として地域団体商標登録され、全国的にも知名度が上がってきています。

Left Caption

UOTO

私の親戚にこかぶ農家がいるのですが、毎年美味しい葉つきこかぶを頂いています。

8月から10月が出荷のピークと言われ、その間は日付が変わる時間帯から収穫作業をし、太陽が昇る前に終えて、その後の作業に移るというハードなスケジュールの元で生産されるようです。

そんな農家さんの苦労があってこそ、美味しい葉つきこかぶが生まれるわけです。

 

葉つきこかぶを使った美味しい食べ方

葉つきこかぶはそのままでも食べられると言われていますが、私は基本的に漬物などにして食べています。

Left Caption

UOTO

みずみずしいので、簡単に切ることができますよ。

先ほども言いましたが、葉っぱも美味しくいただけるので一緒に漬けたり、味噌汁に入れるといった食べ方も可能です。

こかぶとキュウリを一緒にして、ドレッシングで食べるもよし
素を使って漬物にしてもよし
Left Caption

UOTO

私の実家では炒め物にしたりすることもあります。

詳しい葉つきこかぶのレシピなどはJAゆうき青森のホームページでもご覧になれます。

JAゆうき青森ホームページ

フルーツのような甘さや食感を楽しむのであれば、生食がオススメです。

気になった方は葉つきこかぶのネット販売もありますが、期間限定の野菜なので売り切れになっていることもありますので、もし売り切れていたら来年にはぜひご賞味ください。

弘果フレッシュ便

UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO