青森県にある穴場の桜スポット9選【地元民だけでなく観光客にもオススメ!!】

2020年1月31日

青森県の桜スポットと言えば、弘前市の弘前城や五所川原市の芦野公園、十和田市の官庁街通りが有名です。

有名ゆえに花見シーズンには多くの人で賑わい混雑します。

中には「人ごみは嫌だな」「もう少し静かに桜を楽しみたい」って人もいると思います。

確かにお花見というのはのんびりと桜を観ながら過ごすのが本来の姿なのですが、人混みがあると桜どころじゃなくなってしまいますし、落ち着かないですよね。

実は青森県には有名な3つの桜スポット以外にも、たくさんの穴場的な桜スポットがあるのです。

基本は地元客しか行きませんが、観光客にもオススメしたい穴場スポットです。

Right Caption

土偶先輩

「青森で花見がしたいけどゆっくり観れる場所は無いかな?」
Left Caption

UOTO

そんな方にオススメします。




 

青森県にある穴場の桜スポット

青森県にはたくさんの穴場的な桜スポットがありますが、その中で観光客でも訪れやすい場所を9か所選びました。

シーズン 桜の見頃期間です。※年によりズレあり
桜の本数 園内にある桜の本数です。※ソメイヨシノ以外含む
人混み度 期間中の混雑具合です。※私がぱっと見た感じを☆5段階で

 

合浦公園(青森市)

シーズン 4月中旬~4月下旬
桜の本数 約600本
人混み度 ☆☆☆☆

青森市にある合浦公園は青森県最初の都市公園として整備され、「日本の都市公園100選」にも選ばれている桜の名所です。

地元では凄く人気なのですが、全国版の観光ガイドブックにも載ってない事が多く、穴場ともいえるスポットです。

桜祭り期間中は屋台などが多く出店され、地元客を中心に混雑します。

桜だけでなく近くには海もあるのでのんびりと過ごすことが出来ますし、期間中は夜遅くまでライトアップもされているので夜桜も楽しめます。

Left Caption

UOTO

海と桜のコラボは珍しいですよね!

 

野木和公園(青森市)

シーズン 4月中旬~4月下旬
桜の本数 約500本
人混み度

野木和公園は合浦公園と並ぶ、青森市で人気の桜スポットです。

しかしこちらも全国区の知名度はなく、比較的郊外にある事や公園自体がとても広いため、人混みが少なくのんびりと桜を楽しめるはずです。

また公園内の池ではブラックバスやフナ・コイ釣りが出来るので、家族で楽しめること間違いなしです。

Left Caption

UOTO

個人的には穴場ナンバーワンかも?

 

八戸公園(八戸市)

シーズン 4月下旬
桜の本数 約2000本
人混み度 ☆☆☆

八戸市の郊外にある八戸公園は、東京ドーム8個分の広さを誇る地元住民に愛される桜スポットです。

公園内の桜はソメイヨシノを含め約2000本と規模が大きく、また公園内には小さな遊園地もありますので、子供から大人まで楽しめると思います。

観覧車から遠く八戸市内を一望できます。

Left Caption

UOTO

大人は花見、子供は遊園地という楽しみ方もできるね!

 

猿賀公園(平川市)

引用:tenki.jp
シーズン 4月下旬
桜の本数 約330本
人混み度

青森県南西部平川市にある大きな公園が猿賀公園です。

シダレザクラとソメイヨシノ、八重桜がメインとなっていますが、園内の池ではボートも借りられるので水上からもお花見が楽しめます。

猿賀公園近くにはジブリ作品の「借りぐらしのアリエッティ」のモデルとなった盛美園もあるので時間があれば訪れて見るのもいいかもしれませんよ。

Left Caption

UOTO

神社とハスの池と桜・・・結構絵になります。

 

いちょう公園(おいらせ町)

引用:ウォーカープラス
シーズン 4月下旬
桜の本数 約900本
人混み度

ニューヨークと同緯度であることから4分の1スケール(20m)で設置された自由の女神が特徴のいちょう公園

期間中は家族連れを中心に多くの人が訪れますが、人混みは少ないのでのんびりと桜を楽しむことが出来ます。

園内の池には釣り人もいたので釣りを楽しむ事も可能だと思います。

Left Caption

UOTO

公園内にある自由の女神は日本一の高さを誇るそうですよ!

 

城山公園(三戸町)

シーズン 4月下旬
桜の本数 1600本
人混み度 ☆☆☆

戦国大名である南部氏が居城とした三戸城跡がある城山公園は、青森県南地方では比較的有名な桜スポット。

しかし全国観光ガイドに載っていない事も多く、お城と桜セットで楽しめる穴場スポットだと思います。

園内の資料館では南部氏に関する歴史を学べます。

Left Caption

UOTO

天守に登れるので殿様気分で桜を楽しめるかも?

 

早掛沼公園(むつ市)

シーズン 4月下旬~5月下旬
桜の本数 410本
人混み度 ☆☆

下北半島最大の桜スポットが早掛沼公園です。

この早掛沼公園には御衣黄桜と呼ばれる緑色の花が咲く珍しい桜があり、ソメイヨシノよりも1週間ほど遅くに咲きますので、時期がズレてもちょっと変わった桜を観ながら花見ができますよ。

園内には宿泊可能なケビンハウスもあるので、そのまま泊まることもできます。

Left Caption

UOTO

下北で桜を楽しむならここが一番!

 

小川原湖公園(東北町)

引用:東北町ホームページ
シーズン 4月下旬
桜の本数 1000本
人混み度

東北町にある桜スポットの小川原湖公園は期間中であっても人混みはなく、のんびりとお花見可能な穴場スポット。

小川原湖沿いの道には桜並木もあるので、湖と桜を同時に楽しむことができます。

しかし桜のシーズンがGWに重なると釣り大会と被るので、周辺道路の混雑が予想されます。

Left Caption

UOTO

道路沿いに桜が咲いているのでドライブにも最適!?

東公園(黒石市)

シーズン 4月下旬
桜の本数 約650本
人混み度 ☆☆

黒石市にある東公園には52種類650本の桜が植えられています。

地元客には人気の名所ですが近くの弘前公園に注目が集まるため、ここは穴場の桜スポットと言えます。

高速道路のインターからも近く、色んな桜を楽しみたい人にはオススメですよ。

Left Caption

UOTO

弘前に行く前にちょっと寄り道してみては?

 




 

オマケ:青森県の有名な桜スポット

穴場の桜スポットをのんびり観た後は、せっかくなので有名な桜スポットも楽しみましょう。

弘前公園(弘前市)

シーズン 4月下旬
桜の本数 約2600本
人混み度 ☆☆☆☆☆

言わずと知れた青森県最大の桜スポットが弘前公園です。

りんごの剪定技術を使った方法で管理された桜は、日本一とされるほど美しい花を咲かせます。

日本最古のソメイヨシノ・日本最大のソメイヨシノも現役で活躍しています。

ライトアップされる夜桜もSNS映えするほど綺麗で、桜が散った後も「花筏」と呼ばれるお堀に桜の花びらが広がる景色を楽しめます。

ただ人混み度はとても高く近年インバウンド客増加もあり、期間中はホテルが取れなかったり、交通渋滞などの混雑が発生していますので、早めの行動が必要になってきます。

予約が取りにくい観光シーズンは近郊に宿泊しよう

 

芦野公園(五所川原市)

シーズン 4月下旬~5月上旬
桜の本数 約1500本
人混み度 ☆☆☆☆

太宰治も幼少期に訪れていたとされる芦野公園「さくらの名所100選」に選ばれるほどの弘前城に次ぐ人気のお花見スポットです。

満開の桜の下を通る津軽鉄道はとても絵になり、その姿を撮ろうと多くの観光客が訪れます。

園内には小さい動物園や子供の遊べる空間もあるので家族全員で楽しむ事も出来ますし、太宰治の像・津軽三味線発祥の碑などもあり見どころがたくさんあります。

官庁街通り(十和田市)

シーズン 4月中旬~4月下旬
桜の本数 156本
人混み度 ☆☆☆☆

十和田市の官庁街通りはその名の通り、市役所や消防署・病院などが立ち並ぶ通りで、シーズンになると桜が沿道をピンクに染め上げます。

近くの公園では花見をする大学生や屋台などで賑わい、広く作られた歩道には馬のモニュメントや有名美術家のモニュメントが多くあり、来る人の目を楽しませてくれます。

また暗くなると沿道のライトアップもあるので、夜桜も楽しめる人気スポットになっています。

 

有名どころもいいけれど穴場の桜スポットはいかが?

青森県の桜は4月中旬~5月上旬の間に見頃を迎え、GWと重なる年もあり多くの観光客で賑わう青森の桜シーズン。

人気の弘前城や芦野公園などの他にも、穴場の桜スポットがあることを分かって頂けたかと思います。

人混みでゴチャゴチャした所よりも少しのんびり過ごせるお花見の方がいいですよね。

もちろん人が多く訪れる場所ほど屋台も多く魅力もたくさんありますが、観光ガイドにも載ってないような桜祭りも良いものです。

ここで紹介したところ以外にも隠れたお花見スポットがありますので、青森観光に訪れた際はぜひ探してみてください。

Left Caption

UOTO

桜が咲く時期は年によってズレるので行く前に事前チェックしてね!




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の30歳。

【青森をもっと元気に!】を目標に大好きな青森県でブロガーとして頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO×タマ画伯