青森にある鳥居がいっぱい立ち並ぶ神社ってどこ?【津軽の千本鳥居】

2020年7月23日

仕事中やネットでよくこんな声を聞きます。

「鳥居がいっぱいある神社って青森のどこにあるんですか?」

「津軽の千本鳥居ってどこ?」

たぶん私が思うにココのことではないでしょうか?

これは、つがる市の高山稲荷神社です。

高山稲荷神社は、五穀豊穣・海上安全・商売繁盛の神様を祀っている江戸時代から続く歴史ある神社。

SNSやテレビなどで『津軽の千本鳥居』または『青森の千本鳥居』と紹介されることが増え、徐々に知名度を上げている観光スポットです。

有名になってきているものの、どこにあるのか分からないって人も多いのでご案内いたします。



『津軽の千本鳥居』は高山稲荷神社にあります

みなさんのお探しの鳥居がいっぱいある青森の神社は『高山稲荷神社』と言い、青森県つがる市にあります。

その神社の目玉が『千本鳥居』

この千本鳥居は高さ2m、計202本ほどで千本とはいきませんが、本場:伏見稲荷大社にも負けない迫力があります。

Right Caption

アス・パム男

千本鳥居の先にある小高い丘(公園?)では全景を撮影することも可能です。

周りの整備された日本庭園と合わせてみると「箱庭みたいで可愛い」という人もいるくらい、本当にSNS映えする景色です。

インスタを見ても多くの投稿がありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masahiko Tokoro(@masahikotokoro)がシェアした投稿

Left Caption

UOTO

みなさん、写真の撮り方が上手・・・

千本鳥居ばかりに目が行きがちですが、高山稲荷神社の境内には縁結び・夫婦円満にご利益がある命婦社や様々な神社、たくさんの稲荷様があるのでそちらにも注目してくださいね。

場所はこちらです。

結構分かりずらい場所にあるんですよね・・・。

Left Caption

UOTO

私も最初は迷いました(笑)

 

高山稲荷神社の口コミ

青森県内の観光地の中でも口コミ評価はかなり高くなっています。

一部の口コミを抜粋します。

・人混みが少なく、ゆっくり散策しやすい

確かに高山稲荷神社は京都伏見とは違い、観光客でごった返すということは少ないです。

なので自分のペースで散策できるのでオススメです。

・冬に行きましたが、白い雪と赤い鳥居で凄く映えました。

四季によって風景が変わるのも高山稲荷神社の魅力。

私自身冬に行ったことはないですが、白と赤のコントラストは最高でしょうね。

・京都伏見稲荷大社をイメージすると拍子抜けする

これはどちらかというと悪い口コミ。

確かに伏見稲荷をイメージして行くと規模や雰囲気は全く違いますので、拍子抜けするかもしれません。

伏見稲荷には伏見稲荷の良さ、高山稲荷には高山稲荷の良さがありますので、そこは分けて考えた方がいいかもしれません。

 

高山稲荷神社のアクセス

青森県つがる市の七里長浜と呼ばれる海岸線に位置する高山稲荷神社には最寄りの駅はなく、バスやレンタカーなどの車利用が必須となります。

一応公式サイトにあった高山稲荷神社までのアクセスは以下の通り。

五所川原駅より弘南バス小泊線(十三経由)乗車(所要時間約40分)
高山神社入口下車、タクシーで約5分。

ただバスの本数が少ないので、時間がない方にはあまりオススメできません。

なので自家用車か五所川原市よりレンタカーなどを借りて訪れた方がいいですよ。

Left Caption

UOTO

駐車場は広く確保されているので問題ありません。

高山稲荷神社最寄りのおすすめ宿泊施設はこちらです!

 

津軽の千本鳥居にもぜひ来てみてください!

高山稲荷神社の良い所は、人気の京都伏見稲荷大社より静かな空間で千本鳥居を楽しめるところです。

Left Caption

UOTO

あっ1000本もありませんからね・・・(笑)

やっぱり神社というのは静かな雰囲気の中で参拝した方がいいですよね。

春は八重桜、夏は緑の木々、秋は紅葉、冬は雪景色と様々な景色を見せてくれる津軽の千本鳥居

行くだけで何か心が洗われるようなパワーがある高山稲荷神社へ、皆さんもぜひ訪れて見てください。




UOTO

UOTO(うおと)青森県在住の31歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO