つがるロマンとまっしぐらを比較!【青森県産ブランド米】

青森県のお米と言えば、つがるロマンまっしぐら

どちらも青森県を代表するブランド米です。

・どっちが美味しいのかな?
・どっちを買おうかな?

といった方へ、『つがるロマン』と『まっしぐら』を色んな面で比較してみました。




 

つがるロマンとまっしぐらを比較してみた

まずは簡単に『つがるロマン』『まっしぐら』の自己紹介から。。。

つがるロマン
・1997年にデビューした品種
・津軽地方や南部地方内陸部で栽培

まっしぐら
・2006年にデビューした品種
・県内全域で栽培

どちらも青森県を代表するブランド米。

最近では『まっしぐら』の生産量が圧倒的なので、『つがるロマン』をあまりみかけなくなりましたが、両方見かけた時にどっちがいいのかを比較してみます。

 

 

特徴

まずは『つがるロマン』『まっしぐら』の特徴からみていきます。

つがるロマンの特徴
「あきたこまち」の子供にあたる品種で、上品な甘さと適度な粘り気を持つ。
冷めても美味しいので、お弁当やおにぎりにもピッタリ。
まっしぐらの特徴
粘り気が少なくあっさりとした味わいが特徴。
おかずと合わせるのにぴったりなコメで、外食産業などでも利用されている。

どちらのお米もいわゆる【あっさり系】で、普段で食べるお米としてはちょうどいいです。

 

 

多く生産されているのは?

『つがるロマン』と『まっしぐら』、どちらが多く生産されているのか見ていきます。

青森県における令和2年産米の生産割合
まっしぐら :80.2%
つがるロマン:13.5%
青天の霹靂 :3.8%
その他   :2.5%

青森県では、圧倒的に『まっしぐら』の方が生産されています。

『まっしぐら』は青森県の気候に合わせた改良がされているため、県内全域で生産されていることが理由です。



 

コメの食味ランキング

『つがるロマン』と『まっしぐら』の味を比較する際に参考になりそうなのが、食味ランキングです。

食味ランキング
一般財団法人日本穀物検定協会が毎年行っているランキング。
複数産地のコシヒカリのブレンド米を基準米とし、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、同等なものを「A’」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価

令和3年のランクを見ていきます。

令和3年産のランク
まっしぐら :A’評価
(令和2年:A、令和元年:特A)
つがるロマン:A評価
(令和2年:A、令和元年:A)

令和3年産の『まっしぐら』は【A’】、『つがるロマン』は【A】となりました。

『まっしぐら』は過去に【特A】の経験がありますが、年によってムラがあるみたいです。

対して『つがるロマン』は、18年連続で【A】評価と安定感があります。

 

 

口コミ

ネット通販の口コミを見ていきます。

つがるロマンの口コミ
・粒がしっかりしているのに硬すぎず、もっちりというよりふっくらで美味しい。
・「マズい」という声もあるけど、私的には大好きな味でした
・つがるロマンは粒が大きめで炊きあがりがふっくらしています

まっしぐらの口コミ
・安くても美味しくて飽きないお米です
・カレーや炊き込みご飯、チャーハンなどが多い食卓にぴったり
・初めて食べましたが、ビックリするくらい美味しい。お値段以上で嬉しいです

 

 

つがるロマンとまっしぐら、どっちがいい?

では最後に、『つがるロマン』と『まっしぐら』どっちがいいか考えてみます。

私自身、『まっしぐら』に慣れているので【まっしぐら派】ですが、食味の好みは人それぞれなので、実際に食べてみない事には比較できないと思います。

Right Caption

アス・パム男

味を比較したいけど、2種類の米を買うのは大変・・・

って方にオススメなのが、青森県産米パックご飯3銘柄セットです。

青森県を代表するブランド米【まっしぐら】【つがるロマン】【青天の霹靂】をパックご飯で食べ比べることができます。

ぜひみなさんの口で食べ比べてみてください。

Left Caption

UOTO

こちらの商品はネットでは取り扱いがなく、県内のスーパーや直売所のみの販売です!【青天の霹靂】は、パックご飯での販売はあります!

 

つがるロマンがなくなる?

全国各地にファンが多い『つがるロマン』ですが、【つがるロマン なくなる】という検索ワードがあります。

その理由がこちら。

県米穀集荷協同組合 青森県米穀集荷協同組合は24日、青森市で総会を開き、「つがるロマン」の取り扱いを今年で終了することを決めた。 後継品種として2023年の市場デビューを目指す「はれわたり」に切り替える。
引用:デーリー東北

令和5年本格デビューを予定している青森県新ブランド米『はれわたり』

『つがるロマン』よりも胴割れが少なく、農家も育てやすい品種です。

年々作付面積が減少している『つがるロマン』に代わり『はれわたり』が後継品種となるため、近い将来(2023年以降?)はつがるロマンがなくなるということになります。




 

『つがるロマン』と『まっしぐら』比較まとめ

つがるロマン
・上品な甘さで、冷めても美味しいのでお弁当などに
・将来的には「はれわたり」へ転換
・食味ランキングは安定の【A】評価
まっしぐら
・あっさりとした味わいで、おかずと合わせるのにピッタリ
・青森県米の約8割を占める生産量
・食味ランキングは年によって【特A】~【A’】と幅がある

結論としてはどちらのお米も美味しいってことです。

ただ収量的に『まっしぐら』の方が手に入りやすく、価格も安いので、普段に食べる用なら『まっしぐら』の方がオススメです。

『つがるロマン』は今後『はれわたり』へと変わっていき、2023年以降から全国各地へ届けられるようになるので、これからに注目です。





UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の33歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。

趣味で釣りします。
できるだけお金をかけずに楽しんでます。

Twitterのフォローもお願いします。

UOTOのTwitterアカウント

YouTubeで釣り動画をあげてます。チャンネル登録お願い致します。

YouTube【うおとぶいろぐ】