ながいものチーズケーキを食べてみた【お土産にもピッタリ】

長芋生産量の全国トップクラスを誇る青森県。

長芋生産量(2019年産)
1位:北海道 74500t
2位:青森県 56300t
3位:長野県 6730t

産地ゆえに長芋を使ったお菓子やお土産がたくさんありますが、今回ご紹介するのがながいものチーズケーキ

長芋とチーズケーキってどうなの?って思う方もいるかもしれませんが、私自身初めましての商品なのでどんな味がするか想像できません。

誰が買ってきたのか分かりませんが、実家の仏壇にあがっていたのでご紹介します。



ながいものチーズケーキを食べた感想

特に情報も何もないので、いつもとは違って食べた感想から行きます。

こちらがながいものチーズケーキです。

1箱に9個入っています。

Left Caption

UOTO

ちょっと中途半端ですね~(笑)

販売しているのは、青森らしいお土産でお馴染みの『青森土産販売(株)』

過去記事で紹介したレトルトカレーなんかも販売している会社です。

関連記事
可愛らしい包装です。

青森といえば、りんごを使ったチーズケーキのお土産はたくさんありますが、長芋を使ったチーズケーキのお土産はまぁまぁ珍しいのではないでしょうか。

包装をひらいてみると、中からアルミホイルに包まれたチーズケーキが出てきます。

アルミホイルに包まれているってだけで、なんとなく美味しそうな感じがします。

良い感じの焦げ目

チーズケーキはスティックタイプで、中の餡に長芋が練り込まれているそうです。

ちょっと堅めのチーズケーキですかね。

食べてみると、確かに奥深くから長芋味が伝わってきます。

かといってそこまで強い味ではなく、ほんのりなんとなくって感じです。

チーズ感や甘さも強くはないので、意外とあっさり食べられます。

長芋とチーズの相性ってどうなの?って思いましたが、普通に食べやすくて美味しいチーズケーキでした。

Left Caption

UOTO

ついつい何本も食べちゃいそうになります。

カロリーはチーズケーキとしては少なめ?の1本あたり138キロカロリーです。



『ながいものチーズケーキ』をお土産にどうですか?

青森土産と言えば、りんご系に偏りがちだと思います。

それはそれで間違いではないと思いますが、ちょっとした変わり種としてながいものチーズケーキをオススメします。

長芋を使っているってだけでも興味を引くだろうし、青森らしさが伝わるかと思います。

買える場所は、たぶん道の駅やお土産店。

Left Caption

UOTO

自分で買っていないので分からないんです・・・

ぜひ青森を訪れた際に、『ながいものチーズケーキ』を買ってみてはいかがでしょうか?

UOTO

UOTO(うおと)青森県七戸町在住の32歳。

【青森のブロガー】を目標に、大好きな青森県で頑張っています。
趣味で釣りしますが、かなり下手(笑)
Twitterのフォローもお願いします。

Twitterアカ→UOTO